Tesla/テスラの特徴

EV市場の最先端を走る自動車業界の革命家

EV(電気自動車)業界において、最新かつ革命的な製品と戦略で市場をけん引する存在となっているテスラ

ガソリン燃料車の削減・現象の世界的な流れの中で、今後はハイブリッド車や電気自動車の需要がより高まっていきます。

テスラはそのような開拓的な市場の中で他社とは一線を画す近未来的なデザインと、電気自動車とは思えないような走破性で大きなインパクトを与えてきました。

電気自動車のイメージとして、まだまだ「走りの楽しさや性能」という面ではガソリンやディーゼルなどの燃料車より劣っているというイメージがあるかと思います。しかしそのような中にあってテスラ社製の自動車は、前述のような想像を覆すような性能で、クルマ好きを唸らせてきました

テスラのすごさは自動車としての走りの性能だけにはとどまらず、自動運転技術や各種運転サポート技術、安全装備などに至るまで最新の技術を搭載しています。

テスラ社から最初に発売された「テスラ ロードスター」は1000万円を超える高価格帯であり、その後に登場したモデルも高級車と呼ばれる価格帯の車種となっています。そのためオーナーの所有感を満たすと同時に、ステータスとなりうるブランド力を持ち合わせているのもテスラ車の特徴です。

現在では最も販売されている電気自動車のメーカーとなっており、今後も更なる進化を見せてくれるでしょう。

Tesla/テスラ製品の優位性、個性

シンプルで美しいデザインと随所にみられる先端機能

テスラのデザインはシンプルであること、そして近未来的でスマートさが強調されていることが特徴です。

過度に派手なデザインを採用するのではなく、EV自動車として最先端を走る存在としての「確かな機能美」が詰め込まれたデザインとなっています。

例えばどの車にも存在するドアノブですが、テスラの場合には埋め込み式のデザインとなっており、オーナーの接近を検知してドアノブが出てくるような機能を搭載しています。

また、内相面では従来の自動車のフロントパネルでは想像できないほどの大きなタッチスクリーンを搭載しています。さながらタブレット端末のようなサイズのスクリーンにてほとんどの操作が完結するテスラのシステムも非常に先進性を感じさせる部分です。もちろん視覚的なスマートさの強調にも一役買っています。

さらに、驚くべきは新型の「モデルS」や「モデルX」に採用されているシフトレバーの存在しない構造です。究極の引き算とも言えるこのシステムでは自動車が運転者の意思を読み取り、「P-R-N-D-L」の切り替えを行うというのですから驚きです。

このように、通常の自動車メーカーでは思いつかないようなアイディアと、それを実現する技術力によって、最先端のデザインと機能を両立した未来型の自動車を開発しているのです。

広告を行わず完全受注方式での販売を行う

テスラの特徴的な企業方針と言えるのが、テレビや雑誌などでの広告や宣伝を行わないことです。今では「テスラ」という自動車ブランドを知らないという方は非常に少ないですが、それでもテレビのコマーシャルなどを行っていないということは意外に思った方もいるのではないでしょうか。

テスラの現CEOであるイーロン・マスク氏は「供給よりも需要が上回っているという状況で広告をする必要はない」という考えのもと、公共電波などによる広告は行っていません。代わりに自社のデジタルメディアなどを通じてPRを行うなどで、他の自動車ブランドが多額を投じている広告費を削減できているのです。SNSで情報が広がりやすい現代の社会構造を上手く見抜き、先進的なスタンスで運営を行っています。

また、自動車の販売方法もテスラ独自の方式を取っています。テスラ社の自動車の購入はWebサイトを通じて行い、完成後にテスラのストアもしくは自宅などに届けるという完全受注方式を採用しています。

クルマのコストダウンの戦略として多くの企業が採用する大量生産をあえてせず、ブランド力による戦略や広告費削減などのコストダウン、製造工程のオートメーション化の徹底、大量生産による在庫処分の手間の削減、そして何よりユーザーを満足させる機能と性能を実現していることで、まったく新しいスタイルの自動車メーカーとして成長してきたのです。

Tesla/テスラの技術

ほぼすべての道路状況下で自動運転を可能にする先進性

テスラは自動運転技術に注力している事でも知られています。クルマの自動運転技術に関しては、近年多くのメーカーが高い水準のものを実現し搭載しています。

テスラの技術としては、ハードウェアにて360度四方の検知を可能とする8台のサラウンドカメラと12基の超音波センサーによって他車や障害物を検知し、さらに最長250メートル先までを視認するという技術を搭載しています。

2022年現在は完全自動運転までは達成できていないものの、車線内でのハンドル操作や加速、ブレーキなどを自動化し、さらには車線変更の提案やルートの最適化などを可能にしています。高速道路などでは、入り口から出口までをほぼ監視のみで走行可能です。

また、道幅の狭い道路でも使用可能となってきたオートステアリングや、駐車場でオーナーの位置を検知し迎えに来るスマートサモンなどの先進技術が搭載されています。

2014年に現在のテスラの自動運転システムのひな型であるオートパイロットが誕生してから幾度ものアップデートを重ね、現在では最先端の電気自動車メーカーであると同時に、自動運転技術のイメージも非常に強く印象づいています。今後も完全自動運転の実現に向けて進化をしていくことでしょう。

電気自動車の強みを活かした高加速による走りの楽しさ

テスラの自動車といえば非常に速い加速が可能な事でも有名です。

電気自動車としてのマイナス的なイメージとして、運転性能などがガソリン車などに劣るのではという方も多いのではないでしょうか。しかしテスラの電気自動車はそのような印象をすべて薙ぎ払うような圧倒的な性能を持っています、それが加速力です。

スポーツモデルの「ロードスター」の加速力は特にすさまじく時速0キロメートルから100キロメートルまでの加速時間が2.1秒との事で、これは世界1の加速力となっています。

モーターを動力の主軸とする電気自動車はエンジンを用いるガソリン車などに比べ、停止時からのトルクは有利ではありますが、それでも上記のような加速力は恐るべしと言えます。

電気自動車のウィークポイントの一つとしてよく言われている航続距離についてですが、テスラのバッテリー性能は非常に高く、モデルSでのテストでは最大航続距離が632キロメートルとなっており、ガソリン燃料車に匹敵する性能となっています。東京-大阪間でも問題なく走行できる航続距離となっており、電気自動車の今後の発展を予想させてくれるものに仕上がっています。

従来のEV車の常識を超えた航続バッテリー性能、充電スタンドにも注力

電気自動車のウィークポイントの一つとしてよく言われている航続距離についてですが、テスラのバッテリー性能は非常に高いことも特徴です。モデルSでのテストでは最大航続距離が632キロメートルとなっており、ガソリン燃料車に匹敵する性能となっています。

東京-大阪間でも問題なく走行できる航続距離となっており、電気自動車の今後の発展を予想させてくれるものに仕上がっています。

バッテリーに関してはPanasonic(パナソニック)社の開発するリチウムイオンバッテリーが大きな役割を担っており、2022年に発表の「4680」と名の付く電池では、1本当たりの容量が従来の5倍に進化しているとのことです。EV車の航続性能がガソリン車を上回る日も近いのかもしれません。

テスラはEV車に必須の給電スタンドの普及にも注力しており、「スーパーチャージャー」と呼ばれる急速充電スタンドを世界中に増やしています。15分ほどで275km分の充電が可能とのことで、トイレや軽食などの時間で利用できます。

このようなEV充電環境の充実がテスラの強みとなっており、インフラとして構築していくことで、持続可能な社会の実現にも大きな貢献をしています。

Tesla/テスラの歴史

電気自動車の平野を開拓してきた歴史

テスラはアメリカのシリコンバレーにてマーティン・エバーハードとマーク・ターペニングによって2003年に設立されました。

2008年2月に最初の1台となる「ロードスター」を発表し、同年5月には「テスラストア1号店」をロサンゼルスにオープンしました。

2010年にNASDAQ株式市場に上場しましたが、これはアメリカの自動車メーカーとしては1956年のフォード以来でした。

その後の2012年には「モデルS」の出荷を開始するなど、現在のラインナップになるまでに徐々に車種を展開していきます。

同時に2014年にはオートパイロットを発表し、自動運転技術の本格的な導入を進めていきます。

現CEOであるイーロン・マスク氏は2018年に取締役会長を辞任しますが、その後も自動車業界への影響力は増しており、独自の販売戦略や技術などで業界をリードする存在となっています。

今後もテスラの動向には注目が集まります。

Tesla/テスラの概要

本社:アメリカ合衆国 テキサス州
公式サイト:https://www.tesla.com/ja_jp
設立:2003年
元会社:テスラ・モーターズ
創業者:マーティン・エバーハード、マーク・ターペニング

Tesla/テスラの製品一覧

アイテムが見つかりません

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。