SONY Xperia 5 II
これまでのスペックを凝縮した新たな Xperia フラッグシップモデル

SONY Xperia 5 IIの特徴
今回紹介する「Xperia 5 II」は2020年よりdocomo・au・ソフトバンクの国内主要3キャリアからリリースされている、5G対応のXperiaシリーズのフラッグシップモデルのスマートフォンです。
以前のフラッグシップモデル「Xperia 1」シリーズの基本スペックは受け継ぎながらも、コンパクトにまとめられています。音質やゲームパフォーマンスの向上など、ライトユーザーにも分かりやすいスペックの向上もあり、万人受けするモデルになっています。
グッドポイント
  • リフレッシュレートの最大値が120Hzに倍増
  • SoC「Snapdragon 865 5G」が搭載され、5G対応機種・CPUとGPUの高速化が実現
  • カメラの連写機能が「約20コマ/秒」に倍向上し、より鮮やかに
  • 「DSEE Ultimate」機能で高音質の音源を楽しめる
ウィークポイント
  • 機種の質感がツルツルで滑りやすい
  • Googleアシストボタンの追加
  • 高価格帯にも関わらず、顔認証ではなく指紋認証のみ
  • ワイヤレス充電非対応
Amazon:
79,200円
サイトを見る
SONY Xperia 5 IIのスペック
ディスプレイ 6.5インチ(有機EL)
背面カメラ 広角/1220万画素、超広角/1220万画素、望遠/1220万画素
前面カメラ 広角800万画素
ベンチマーク 約3800〜/マルチコア
バッテリー 4000mAah
重量 210g
ストレージ 256GB(外部あり)
防水防塵 IP68
認証 指紋
通信 5G
性能評価 3.1
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします 5
※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。ベンチマークは、Geekbench Browserを参考とし、平均値数値を参考としています。

刷新されたデザイン面デザイン・カメラ機能・音質などライトユーザーから、高性能SoCなどのヘビーユーザーにも嬉しい機能を搭載

細く、軽い本体デザイン

「Xperia 5 II」の最大の特徴はそのサイズ感。縦幅が約160mm、横幅が約68㎜で、画面比21:9の縦長ディスプレイ。重さが約163gとなっています。

実際に持って触ってみると分かるのですが本当に「細く、軽い」本体デザインです。5Gが搭載されている機種は内蔵される容量が非常に多いため、どうしても「大きく」なりがちです。片手でこれほどのフィット感がある5G搭載機種は現在「Xperia 5 II」のみでしょう。

背面デザインはiPhone8以降のガラス製パネルのように光沢感のあるデザイン。ツルツルしたデザインで高級感が漂いますが、厚さが約8㎜しかないので気を抜くと手から滑り落ちてしまう可能性があります。性質上指紋も目立ちやすいため、滑り・指紋防止のためにスマホカバーの装着は検討しても良いかもしれません

画面右側部には4つのボタンが搭載。上から音量ボタン・電源ボタン・Googleアシスタントキー、カメラボタン。新たにGoogleアシスタントキーが登場しましたが、ボタンを誤って押してしまう位置に配置されているので少し不便を感じます

電源ボタンは指紋認証でロック解除をすることができます。しかし価格帯やフラッグシップモデルと言った部分を加味すると、顔認証機能が非搭載されてないところがおしく感じます。

ゲーム性に特化された機能

「Xperia 5 II」では「ゲームエンハンサー」という機能が搭載されています。この機能によりゲームをより快適に集中してプレイすることが可能になりました。
ゲームアプリや画面を開くとゲームエンハンサーが自動で起動し、ゲーム内の動作レベルを自らでチューニングできる仕組みです。

「パフォーマンス優先」「バランス」「省電力優先」「カスタム」の中から選択し、「カスタム」を選択した場合、画面のリフレッシュレートやタッチ反応速度、タッチ追従性などを自分好みに調節できます。ゲームエンハンサーのおかげで、ゲーム内でのみリフレッシュレートを240Hzまで高めることができることもポイント。高次元の質感でゲームを楽しむことができます。

また、『HSパワーコントロール』と呼ばれるゲームをしながら充電する際の発熱や電池劣化を抑制する独自機能も搭載。スマホの利用時間がゲームプレイに多い人ほど嬉しい機能です。

そして、同じSONY製品のPlayStation®4のワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)スマホと接続することも可能。外出先でもPS4のゲームを楽しむことができます。こちらは実用性の高さは定かではないですが…。

Xperia 5 IIとXperia 5との比較

「Xperia 5」 は1世代前のハイエンドSoC「Snapdragon 855」を搭載していましたが、「Xperia 5 II」では最新の「Snapdragon 865 5G」が搭載されています。このスペックアップにより、5Gの搭載・CPUとGPUは約25%の高速化を実現しています。

カメラ機能ももちろんスペックアップしています。

「Xperia 5 II」と「Xperia 5」のどちらも「標準」・「超広角」・「望遠」のトリプルカメラを搭載しており、見た目の違いはそこまでありません。
しかし「標準」はやや広角寄り、「望遠」は焦点距離が長くなったことで光学ズームが「2倍」から「3倍」に拡大しています。劣化無しでかなり鮮明に拡大すること可能になりました。連写機能も「約10コマ/秒」→「約20コマ/秒」になり鮮やかさも向上。世界的な光学機器の老舗メーカー「ZEISS(ツァイス)」とコラボしたことも大きな変更点です。

ディスプレイのリフレッシュレートの最大値も「60Hz」から「120Hz」に倍増しています。ゲームや動画アプリの滑らかな動作は圧巻。ネットサーフィンやSNSの動作時もその効果を実感できるので、普段からサクサク快適に操作することができます。「マルチウィンドウ」機能とも非常に好相性で、複数画面を表示していても動作がカクつくことなく滑らか。Xperiaの特徴を最大限生かしていると実感することができます。ただし最大値を上げると少し消費電力が上昇してしまう点には要注意です。

バッテリーも「3000mAh」から「4000mAh」に容量アップしています。5GもであることやSoCの関係上バッテリー持ちがあまりよくないように感じますが、心配は必要ありません。しかし今回はワイヤレス充電非対応となっています。その点は要注意です。

イヤホンジャックの搭載も大きな変更点。より高音質に。

「Xperia5」では搭載の無かった3.5mmイヤホンジャックが「Xperia5Ⅱ」では搭載されています。
無線ワイヤレスイヤホンの流行もあって、前機種では廃止されていましたが見事復活。音質にこだわりたい方は有線イヤホンを好むでしょう。前機種よりXperiaの音質の高さは高く評価されていたことから、こちらもユーザーニーズの反映が見えますね。
そしてイヤホンジャックの復活を祝うかのように、「Xperia5Ⅱ」では有線イヤホンを用いることで最大192kHz/24bitのハイレゾサウンドを楽しむことができます。

加えて、「DSEE Ultimate」という機能も新搭載。CDからの音源やファイルを192kHz/24bitレベルの高音質で変換できる技術です。これらの技術の併用で、様々な音楽を高音質で聴くことができるようになっています。
もちろん、スピーカー性能も超優秀です。音質に関してはXperiaは他機種と比べて群を抜いていると言っても過言ではありません。


まとめ:SONY Xperia 5 II

Xperia5Ⅱは、誰が見ても分かりやすい高いスペックを搭載したモデルです。
デザイン・カメラ機能・音質などライトユーザーでも分かりやすい点から、高性能SoCなどのヘビーユーザーにも嬉しい機能まで誰が手にとっても満足感のある機種であることは間違いありません。
ウィークポイントも細かい部分でいくつか存在していましたが、そこを差し引いても十分お釣りが返ってくるレベルです。
ぜひ次の機種の一台として、検討してみてください。

担当者:田中香
Amazon:
79,200円
サイトを見る
ユーザ評価
2件の平均
ユーザ採点
5
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

2件 0件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。