SONY WH-1000XM4
SONYのヘッドホン「WH-1000XM4」は高性能ノイズキャンセリング機能をもつ

グッドポイント
  • 世界最高のノイズキャンセリング性能
  • 髪型や眼鏡などの個人差からノイズキャンセリングを最適化する「パーソナルNCオプティマイザー」
  • ハイレゾ音源をBluetooth経由でも伝送可能なSONY独自の「LDAC」
  • 着脱を自動検知して再生/停止をする「装着検出」機能
  • さらにフィット感をアップさせたイヤーパッドで着け心地向上
ウィークポイント
  • 値段は性能に負けず劣らずの高価格
  • 前作からの見た目変更はマイナーチェンジに留まる
  • 音質は高品質だが、前作の3代目でも完成されておりほとんど同じ
  • バッテリーの持ち時間は前作から変更なし
特徴
2020年9月、世界最高のノイズキャンセリング性能を持つヘッドホン「WH-1000Xシリーズ」の4代目が発売されました。先代からの優れた音質を引き継ぎ、ノイズキャンセリング性能や周辺機能、着け心地をさらに向上させました。新機能の「Speak to Chat」は使用者の発言を検知してノイズキャンセリングをOFFにし、スムーズに会話への移行が可能になる機能です。お値段はソニー公式サイトで44,000円(税込)~です。カラーは「Black」と「Platinum Silver」の2色がラインナップされています。
Amazon:
33,000円
サイトを見る
楽天:
37,246円
サイトを見る
公式サイト:
41,800円
サイトを見る
担当者評価
担当者
4
デザイン - 4
性能 - 5
価格感 - 3
話題性 - 4
ぜひアイテムへの評価をお願いします

世界最高のノイズキャンセリングヘッドホンの4代目が登場。
性能にさらなる磨きをかけ、新機能も追加

SONYの「WH-1000XM4」は世界最高とも評される性能をもつ高品質なノイズキャンセリングヘッドホンの4代目モデルです。

ノイズキャンセリング機能を持ったヘッドホンは多くのモデルが発売されていますが、SONYの「WH-1000Xシリーズ」の性能は非常に高く、同価格帯のヘッドホンの中で圧倒的な人気を誇っています。海外メディアでの評判も高く、前作の「WH-1000XM3」も大変なヒットモデルとなりました。

そのように完成されたモデルとして君臨していた前作をさらにブラッシュアップして発売となったのが本記事で紹介する4代目「WH-1000XM4」です。

SONY「WH-1000XM4」のすぐれた音質

音質については、ハイレゾ音源をBluetooth経由でも伝送可能な「LDAC」という音源圧縮技術により、従来技術の約3倍もの情報量を伝送するため、非常に高品質に仕上がっています。これはSONYが開発した技術で、ワイヤレスでの音楽鑑賞でクオリティの高い音質を実現できるため、この機種の大きな強みとなっています。



また、搭載されている「DSEE Extreme」機能をONにすることで、圧縮された音源が高解像になりサウンドの質が向上します。とくに高音域のサウンドがよりクリアに変化しています。注意点はこの機能の使用で、ヘッドホンの充電の減りが早くなってしまう事ですが、後述のように連続使用時間も十分に確保されています。

音質に関しては、前作の3代目も非常に優秀だったため、ほとんどその技術を踏襲しています。そのため実は音質の違いは聞き比べて分かる程度とも言えます。使用しているドライバーユニット(40mm ドーム型)の変更がない為、性能差はほとんど生まれないのです。上記の「DSEE Extreme」機能のような新機能も搭載いていますが、前作の段階でそれほど完成度の高い音質を実現しているのです。

ノイズキャンセリング性能は、現在発売されている数多くのヘッドホンの中でも間違いなくトップレベルの完成度です。さらに前作の3代目よりも優れた進化をしています。搭載されているノイズキャンセリングプロセッサーのQN1の性能向上のために改良を行い、周囲の音を毎秒700回以上も解析しリアルタイムでノイズを打ち消すという技術で、どのような環境でも自分の聞く音楽だけに集中できます。通勤の電車内や飛行機の中でも外音を打ち消すほどのクオリティを有しています

さらに、「パーソナルNCオプティマイザー」では髪型や眼鏡着用の有無、頭の形などを判別し、使用者一人ひとりに合わせた最適なノイズキャンセリングを実現します。これに加え、気圧の変化なども検知できるため、飛行機等での移動時も快適に音楽を楽しめます。

SONY「WH-1000XM4」の着け心地やバッテリー

着け心地に関しては、非常に耳にフィットする形状で、全体を包み込むような感触です。この着け心地に関しては、接地面積が大きくなったことで前作よりもはるかに向上しました。イヤーパッドは厚みがあり柔らかい感触で、長時間使用でも疲れを感じさせません。テレワークなどが増え、音楽鑑賞以外での使用状況も増えていますが、長時間の使用でもストレスなく使うことができます。

操作方法は、耳元のボタンで可能です。接続中のスマートフォンなどの再生機器に関して以下の操作が可能です。

・曲送り、曲戻し
・再生、一時停止
・音量調節
・電話を受ける、切る

操作は上下左右と中央のプッシュで行います。慣れてしまえば非常に簡単・便利に操作ができます。

バッテリーに関しては、ノイズキャンセリング使用時には最大30時間、不使用時には最大38時間となっています。一度のフル充電で24時間以上充電が持つのはありがたい点です。また、クイック充電にも対応していて、約10分の充電で5時間の音楽再生が可能です。

主な新機能に関しては、「装着検出」と「Speak to Chat」があります。
「装着検出」は、イヤーパッドの内側に搭載されているセンサーの働きによって、ヘッドホンの着脱を検知します。要するに、装着した際には音楽を再生開始し、外したタイミングで再生が停止するという機能です。ヘッドホンの着脱が多くなる状況での使用では、ストレスが無くなり非常に便利です。

「Speak to Chat」はヘッドホンの使用者が会話を始めると、それを検知して自動で音楽とノイズキャンセリングの停止を行い、外音を取り込むことができるように自動で切り替わる機能です。この機能により、少しの会話などの際にヘッドホンをつけたままでもやり取りができるため便利な機能です。

一方で、Speak to Chatは自身の歌声や鼻歌も検知してしまうという欠点があります。この機能は非常に便利なだけにこの点は少しマイナスな要素となります。

全文を見る

まとめ:SONY WH-1000XM4

SONY「WH-1000XM4」数あるノイズキャンセリングヘッドホンの中でも非常にクオリティの高い製品です。ノイズキャンセリングの機能は便利ですが、価格によって大きな差が出る部分です。製品によっては耳の疲れを感じたり、ノイズキャンセリング特有の異音が強いものもあります。そのような中でSONY「WH-1000XM4」は、間違いなくおすすめできるクオリティを有しています。最初のノイズキャンセリングヘッドホンとして後悔のない選択だと思います。

連続再生時間最大30時間(ノイズキャンセリング使用時)
ドライバー/プロセッサ40mm ドーム型/QN1
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC/AAC/LDAC
新機能装着検出/Speak to Chat

Amazon:
33,000円
サイトを見る
楽天:
37,246円
サイトを見る
公式サイト:
41,800円
サイトを見る
ユーザ評価
2件の平均
ユーザ採点
4
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

1件 1件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。