SONY LinkBuds
リング形状により外音を取り入れられる完全ワイヤレスイヤホン

SONY LinkBudsの特徴
2022年2月に発売されたSONY「LinkBuds WF-L900」は、リング型の形状を採用した完全ワイヤレスイヤホンです。穴の開いた形状で周囲の音がそのまま聞こえるという斬新で新鮮なアイディアが詰まったイヤホンとなっています。外音を取り入れながら音楽を聴けることによって、会話や呼び出しなどを聞き逃しにくいことや、イヤホンを装着している閉鎖感がないことが大きなメリットとなり、これまでのイヤホンとは違う新感覚のフィーリングとなっています。カラーリングは「ホワイト」、「グレー」の2色展開で、公式サイトでの販売価格は23,100円となっています。
グッドポイント
  • 「ながら聴き」に最適な完全ワイヤレスイヤホン
  • 外音を素直に取り入れる「穴あき」の形状
  • 小型・軽量でノンストレス
  • 急速充電可能
  • 「ワイドエリアタップ」で操作性良好
ウィークポイント
  • ノイズキャンセリング非搭載
  • 騒音・雑音の多い場所には不向き
  • 大音量では音漏れ注意
  • バッテリー性能はやや低め
公式サイト:
23,100円
サイトを見る
SONY LinkBudsのスペック
音質 / 高音域 7.22 dB周波数特性誤差
音質 / 低音域 18.85 dB周波数特性誤差
ドライバーユニット 12mm
ノイズキャンセリング なし
ハイレゾ なし
連続再生 5.5時間(1.5時間充電)NCオン時、急速充電あり
重量 4.1g×2
防水 IPX4
性能評価 2.6
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします
※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。音質音域等は、Rtings.com等の数値を参考とし相対的評価を行っています。

穴あき形状によって「耳をふさがない」完全ワイヤレスイヤホン

SONY「LinkBuds WF-L900」は、リング型のイヤホン形状を採用した新感覚の完全ワイヤレスイヤホンです。まるでドーナッツのような形をしたイヤホン部は音楽再生時にあえて外の音を取り入れるような構造になっています。公式には「オープンリングデザイン」と呼称されています。

近年は外音を遮断するようなノイズキャンセリング機能を搭載したモデルが多い中、あえて外の音を取り入れることには別のメリットがあります。それは「ながら聴き」ができることです。

リモートワークなどによって自宅時間が増え、室内でイヤホンをすることも増えました。その際に、生活音や会話などを聴き洩らさないようにするために穴あき形状のイヤホンが活躍するのです。

例えば、インターホンの音や洗濯が終了した合図音、家族の会話など、イヤホンで外音を聞き取りづらくした場合には不都合が出やすいシチュエーションで活躍します。

ながら聴きができるLinkBuds WF-L900はイヤホンで音楽を聴いていながら、外音に対する情報キャッチもスムーズで、日常使いでストレスなく使用できるのです。また、ランニングなどの運動時にも外音を取り入れることで安全に行えます。

音楽に没頭するためのノイズキャンセリング機能とは逆の発想のイヤホンで求められる使用環境も異なりますが、実際に家庭内などで使用するとイヤホンをしているという閉鎖感がなく開放的で、長時間つけていてもストレスがないことには驚きです。

まったく新しい発想のイヤホンですのでぜひ試して頂きたいです。

クリアでクセのないサウンドはジャンル問わず聞きやすい

サウンドに関して、「LinkBuds WF-L900」は中音域を中心に少し控えめな低音・高音域でバランスをとったクセのないサウンドとなっています。

強い特徴のあるサウンドではないのですが、クリアな印象でどのようジャンルの音楽でも聴きやすいです。中音域がはっきりとしていることから、セリフなどの会話シーンも聞きやすく映画やドラマなどの動画鑑賞にもよく合うサウンドであると思います。

SONYの音響機器は、全体的にクセのないクリアな印象が強いですが、その中で比較しても「LinkBuds WF-L900」はとくにマイルドでやさしい印象を受けます。高音の強い鳴りが抑えられていることが大きいな要因です。

「ながら聴き」が1つの大きなコンセプトになっていることから、外音とのバランスや日常会話、生活音をより聞きやすくするための仕様になっており、聞いていて疲れを感じにくいサウンドという印象です。

ドライバーに関しては12mmのリング型ダイナミックドライバーが採用されています。穴が開いているとはいえ、外音に負けずに高品質なサウンドを発するために大型のドライバーが採用されています。

注意点としては、穴あき形状のため大音量で使用した際には、カナル型イヤホンなどと比較して音漏れがあります。

装着感はブレにくく良好、ケースはコンパクトなサイズ感

装着感に関して、リング状のドライバー部分は耳の奥側にすっぽりと収まり、フィッティングサポーターが耳に引っ掛かる形状で、非常に安定しています

実際に装着すると着け心地はとても爽快で、カナル型イヤホンのような閉鎖感や圧迫感は全くありません。また、耳に乗っかっている状態になるインナーイヤー型に比べて動いていても落ちないような安心感もあります。

ちなみにフィッティングサポーターはサイズ違いが4つ付属していますので安心です。

また質量に関して非常に軽量で、片側で約4.1グラム、両耳合わせても8.2グラムとなっています。SONYの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」は片耳で7.3グラムですので、本製品がいかに軽量かが分かります。

見た目の形状もインパクトのある形状ですが、着け心地もこれまでのイヤホンにないタイプのものです。自宅でストレスなく「ながら聴き」をするには最適な形状と重さなのではないでしょうか。

サイズ感に関しては、とてもコンパクトになっており、イヤホン本体、ケースともにサイズは一般的な完全ワイヤレスイヤホンに比べてひと周り小さいサイズ感です。 ジーンズのような小さなポケットにもスッと入りやすいサイズ感になっています。

操作性はシンプルだが、ワイドエリアタップが便利

操作性に関して、イヤホン本体でできる操作は以下のようになっています。

  • 音楽の再生/停止
  • 曲送り/戻し
  • ボリュームの調整

ノイズキャンセリング機能などが搭載されていないこともあり、操作系自体はシンプルになっています。イヤホンをタップすることで操作を行いますが、この際の「ワイドエリアタップ」が非常に便利です。

ワイドエリアタップではイヤホン本体に触れなくても本体周辺の耳をタップすることで操作に反応します。使ってみるまでは分かりませんでしたが、この機能があるか無しでは便利さが違いますので、ありがたい機能と言えます。

10分の充電で90分の急速充電、バッテリー性能はやや低め

バッテリー性能に関して、1回の充電での連続再生時間は5.5時間となっており、やや少なめと言えるかと思います。SONY「WF-1000XM4」は約8時間であるため、外出時メインの使用を考えている場合には差を感じるかもしれません。

小型なサイズ感と軽量さに特化していることもあり、使用環境を差別化すれば大きな問題にはならないかと思われます。

また、本モデルは急速充電に対応しており、10分間の充電で約90分の使用が可能です。この手返しの良さもありますので、バッテリー性能に関しては必要十分と言えます。

まとめ:LinkBuds WF-L900

SONY「LinkBuds WF-L900」は、リング型の形状をした完全ワイヤレスイヤホンです。特徴的な穴あき形状は外の音を素直に取り入れられるようになっており、音楽再生中の会話音や生活音を取りこぼさないので「ながら聴き」を可能にします。リモートワークなどによって増えた自宅時間にストレスなく使用できるようなサウンド、重量感、装着感も相まって非常に使い勝手の良いモデルです。ノイズキャンセリング機能は搭載していませんが、使用場所や用途を差別化することでとても役にたつ便利なイヤホンに仕上がっています。使ってみて初めて分かる意外な便利さがあり、おすすめできるイヤホンですので、ぜひ試してみてください。

連続再生時間5.5時間
充電端子USB Type-C
対応コーデックSBC, AAC
価格23,100円
その他オープンリングデザイン/ワイドエリアタップ/急速充電
担当者:飯田海斗
公式サイト:
23,100円
サイトを見る
ユーザ評価
0件の平均
ユーザ採点
0
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

0件 0件

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。