Shark / シャークの特徴

ユーザーに寄り添った機能で人気も急上昇、米国生まれのフロアケアメーカー

掃除機などの家庭用フロアケアメーカーとしてアメリカで生まれたShark / シャーク。

日本人に馴染みの深い同種メーカーDyson(ダイソン)を超え、2016年には同国でのシェア率が1位という信頼度の高いメーカーです。

2018年に日本に上陸してからというもの、国産メーカーとは違った視点で多数のモデルが発表されてきました。高い品質を維持し、なおかつ価格帯が手ごろなSharkは、現在日本でも多くの支持を集めています。

コンセプトは「ユーザーの使いやすさ」を意識、これまでコードレススティッククリーナー、ハンディクリーナー、スチームクリーナー、そしてお掃除ロボットなどを展開しています。

他社との差別化を図った革新的な機能が満載で、ユーザー目線に立った”痒いところに手が届く”モデルを作るパイオニアです。

Shark / シャーク製品の優位性、個性

常に先を行く革新的な掃除機を多数発表

Shark / シャークの優位性は、ユーザーレビューリサーチ力と、それに対する調整力にあります。

現に、既存の掃除機と比べて新しい要素・改良機能がたくさん詰め込まれたモデルが多いにあるShark。

その例の1つに、コードレススティッククリーナーの上位機種に搭載されたFLEX機能。これはパイプ部分が曲がることで、腰を曲げなくても奥行きのある場所の掃除を楽にしてくれるものです。

他社製品でもこの機能を搭載した掃除機は存在していますが、Sharkがこだわったのはその使いやすさ。どうすれば曲げ伸ばしがしやすいか、角度の変わり方などの模索を繰り返した結果、日本ユーザーに高い評価を得ました。

Shark / シャークにしかないユーザー目線の機能たちが他社との差別化を明確にし、存在感をしっかりと示しているメーカーブランドなのです。

無駄が省かれ考え抜かれたデザイン

Shark / シャークが選ばれるポイントに、その高いデザイン性が挙げられることが多いです。

注目したいのがまずカラーバリエーションの豊富さ各モデルに平均2色展開がされており、またモデルごとに違った風合いの色合いが楽しめることから、ユーザーの選択肢が多く生まれます。

アメリカ発のブランドといえば重量感のあるごつごつとした掃除機の多い中、シンプルでスタイリッシュなShark独特の外観は置く場所を選ばずインテリアに馴染みやすいものです。

現に日本上陸とともに発売されたShark EVOPOWER W30では、国際的なデザイン賞を3つ受賞するという実績が。細部まで工夫されたバランスの良い本体と、落ち着いたカラーに評価が集まりました。

消費者に寄り添った価格

Shark / シャークは価格帯もユーザーにとって親身で手ごろなものが多い特徴があります。

発売中の製品は、比較的安価な充電式サイクロンスティッククリーナーCH966Jで2万円以内高級モデルのEVOPOWER SYSTEM ADV CS651Jでも6万円以内で購入ができてしまいます。

その価格だけを聞くと分かりにくいですが、これは同種メーカーでありライバル社のDysonが10万円を優に超えるのを考えると、手の出しやすい価格設定であることが明確です。

これもユーザーに寄り添うShark / シャークの大きな特性といえ、手ごろな価格を実現し続けていることが人気に火をつけた大きな要因と考えられます。

Shark / シャークの技術

ヘッドローラーにはアイデアと技術を駆使

Shark / シャークでは吸引力に関してモーター回転数などを売りにせず、こだわりのヘッドに技術を集約することで他社との違いを生みだしました。

Shark / シャーク独自の新開発ヘッド「ハイブリッドパワークリーン」は、EVOPOWER SYSTEM ADVに実装されています。柔らかなソフトローラーに4本のパワーフィンが装着され、床接地率を格段に高めました。まるで水車のように回る弁が順番にゴミを拾い集めてくれるので、取りこぼしも少ないのが特徴です。

またEVOPOWER SYSTEMのヘッドでは、「ブラシレスパワーフィン」を採用。そもそものブラシを無くしてしまうという画期的なアイデアによって生まれ、パワーフィンが床に密着してゴミを集めとります。

ユーザーの億劫な作業を1つでも減らす

ロボット掃除機といえば、自動で掃き掃除、そして自動でゴミ捨てをして充電されるといった、“自動”が基本です。しかしどうしてもブラシに絡まった髪の毛などのゴミを取るのはユーザーの作業というのがデメリット。

Shark / シャークは目の付け所が他社とは一味違います。

しかしSharkのロボット掃除機EVOROBOTでは、唯一であろうセルフクリーニング機能によって億劫な吸い込み口ブラシのゴミの除去を行うことで、ユーザーの負担を減らしてくれます。

これはDysonから発売されているRoomba(ルンバ)には無いShark独自の技術から搭載された革新的な機能で、このありそうでなかったアメリカならではの発想と技術を駆使した結果、Roombaに劣らないモデルを作り上げました。

Shark / シャークの歴史

無名からアメリカを代表する家電メーカーへ急成長

Shark Ninja(シャークニンジャ)は、アメリカのボストンにある家電製品メーカーです。

もともとはEuro-Pro Operating(ユーロプロオペレーティング)という欧州生まれの会社で、2015年にその名に変更がされました。そしてそのブランドの1つがフロアケアブランド、Shark / シャーク。その他にもキッチン用品などが主なブランドNinja(ニンジャ)があります。

命名の由来エピソードとしては、初期に発売されたハンディクリーナーがサメのような形状であったこと、それを見たバイヤーがその名を付けたことで、ブランドSharkが生まれたとされています。

2008年頃のアメリカシェア率は約1%でしたが、年々成長を遂げた製品を発表し続けた結果、すでにアメリカでトップシェアをであった掃除機メーカーDysonを追い抜き、2016年見事にNo.1の座を勝ち取りました

そのカギとなったのが、Dysonと比較して価格設定をぐんと下げたこと、そして劣らぬ品質にあるといわれています。

日本上陸後もその勢いは止まらない

Shark Ninjaの社長であるトム・ゴードン氏は、もともとライバル会社Dysonの初代日本法人社長を務めていた驚きの経歴の持ち主です。

自らを掃除機オタクだと豪語するゴードン氏は、ユーザーに寄り添う使い手目線の革新的な機能を、多数打ち出してきました。

またマーケティング戦略が非常に優秀で、2018年に日本へ上陸してからはデジタルマーケティングに大きな投資を行いその名を轟かせました。

比較対象となることが多いSharkとDysonですが、価格差に大きな差をつけたおかげで今ではDysonにも並ぶブランドへと成長させました。 そして近年も続々と日本ユーザー向けの製品が生み出されており、今後の動向に注目が集まりまる今急成長中のブランドです。

Shark / シャークの概要

社名:シャークニンジャ オペレーティング
本社:アメリカ マサチューセッツ州
公式サイト:https://www.shark.co.jp/
創業:1993年

Shark / シャークの製品一覧

アイテムが見つかりません

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。