サムスン Galaxy S22 ultra
コンパクトな本体に6.8インチ大型ディスプレイ搭載、カメラ性能は望遠・ナイトモードに強いシリーズ最高峰

サムスン Galaxy S22 ultraの特徴
2022年4月発売のフラグシップモデルです。
シリーズ最高峰、Androidスマホでもトップレベルの搭載カメラは非常に高性能です。
手に馴染むコンパクトな本体には6.8インチの大型有機ELディスプレイ。
また無印S22には無いSペン内蔵で、メモ機能もはかどります。
カラー展開はバーガンディ・ファントムブラックの2色で、価格は178,820 円~販売中です。
グッドポイント
  • 広角カメラはAndroidトップクラスの10800万画素
  • 一眼レフ並みの100倍ズーム撮影可能
  • 6.8インチの大画面
  • リフレッシュレート駆動が切り替え機能
  • ultraのみ付属のSペンとメモ機能が便利
ウィークポイント
  • エッジディスプレイが使いづらいとの声が多い
  • 229gの本体は長時間の片手操作に不向き
  • 外部メモリ非対応
  • イヤホンジャックが無い
  • 価格が高い
au:
178,820 円
サイトを見る
docomo:
183,744円
サイトを見る
サムスン Galaxy S22 ultraのスペック
ディスプレイ 6.8インチ(有機EL 120Hz)
背面カメラ 広角/1億8000万、超広角/1200万、3倍望遠/1000万、10倍望遠/1000万
前面カメラ 広角4000万画素
ベンチマーク 約2800〜/マルチコア
バッテリー 5000mAah
重量 229g
ストレージ 256GB(外部なし)
防水防塵 IP68
認証 顔、指紋
5G
性能評価 3.8
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします

※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。ベンチマークは、Geekbench Browserを参考とし、平均値数値を参考としています。

高性能カメラはAndroidトップ、Galaxyフラグシップモデル

SamsungのスマートフォンGalaxyシリーズは、Androidユーザーからの根強い人気を誇るブランドです。

そのフラグシップモデルとなるSamsung Galaxy S22 ultraが2022年4月から日本で発売を開始しました。

現在発売中のAndroidでもトップクラスの性能を誇る本機は最新CPU「Snapdragon 8 Gen1」が搭載されており、さくさくと処理を行い快適な動作を続けてくれます。

大きな特徴として挙げられるのが、手になじむコンパクトなデザインでありながら、6.8インチの大型有機ELディスプレイを兼ね備えている点です。

さらにカメラ機能も満足の仕上がりで、高い画素数を持つ4つのアウトカメラはズームや夜景撮影に最適なものに。

その分価格は前モデルから大きく上がりauのオンラインショップで178,820 円、docomoは183,744円と少し手の出しにくい設定がされています。

価格に対して性能は抜群で、とにかく機能性重視のこだわり派ユーザーなら満足すること間違いなし、スマホの中でもトップレベルのモデルがこのSamsung Galaxy S22 ultraです。

Androidトップクラスのカメラを搭載、一眼レフ並みの機能も

アウトカメラ広角:約10,800万画素
超広角:約1,200万画素
3倍望遠:約1,000万画素
10倍望遠:約1,000万画素
インカメラ約4,000万画素
8K/4K/HDR10+〇/〇/〇
基本モード・ポートレート
・写真
・動画
・その他
その他モード・プロ
・プロ動画
・シングルテイク
・食事
・ナイト
・パノラマ
・スーパースローモーション
・スローモーション
・ハイパーラプス
・ポートレート動画
・ディレクターズビュー

Samsung Galaxy S22 ultraのカメラは、フラグシップモデルらしい高性能なもの。

アウトカメラには広角・超広角・3倍望遠・10倍望遠の計4個が搭載されています。

特に広角カメラは新しい機能「アダプティプセル」に対応し、高画質で機能性もぐんとアップしました。

広角画素数は約10,800万画素と一眼レフ並みの高い数値を出しています。「アダプティプセル」が暗い場所では自動的に高感度モードへ切り替えてくれるため、どんなシーンでも納得のいく仕上がりに。

また撮影モードも多岐にわたり、シーンに合わせてこだわることができます。特にGalaxyシリーズは昔から暗所に強いとの声が多く、本機のナイトモードも同様。超広角であっても美しい撮影ができる嬉しいカメラ性能を持ちます。

またインカメラも4000万画素、自撮りモードでも比較的画質の良い撮影が行えるでしょう。

スマホカメラにもしっかりこだわりたいユーザーは、Samsung Galaxy S22 ultraを選べば満足ができるような仕上がりです。

手に馴染むコンパクトさ&マット仕上げで高級感あり、長時間使用△

6.8インチという大画面でありながら、手にフィットするようデザインされたサイズ感が魅力のSamsung Galaxy S22 ultra。

キー入力であれば片手操作でも楽にこなすことができる縦長設計で、サイズは78.0・163.0・8.9mm。

本体左右が湾曲したラウンドフォルムスタイルが採用されているのも、ユーザーの持ちやすさ・使いやすさへの配慮です。

しかし本機のエッジディスプレイは好みの分かれるポイントで、使いやすさで言えばS22のフラットディスプレイの方が勝手良いデザインとの声も多くあります。

また背面がガラス素材にマット仕上げが施され、重厚感のあるデザインに。さらっとした手触りで、そこまで指紋の付着は目立たないでしょう。

大きな画面で映像やWeb閲覧を楽しみたいという人にはおすすめのサイズ感ですが、本体重量は200gを超えているため長時間の片手使用にはあまり向きません。映画などを視聴する際には、スマホスタンドを使うことをおすすめします。

コンパクトなのに美しい大画面、Sペンと使えるメモ機能が便利

Samsung Galaxy S22 ultraではディスプレイにも大きな特徴があります。

ベゼル幅(スマートフォンのディスプレイを囲っている枠)は極狭タイプ、画面の隅に触れてしまっても誤作動がないような構造になっています。

また最大1,750nits輝度も持ち、前作S21 ultraの1,500nitsよりも大幅にアップしたことでディスプレイがどんな場所でもさらに明るく見やすいように工夫されました。

リフレッシュレートは可変式で1~120Hzに対応。「最適化」では滑らかな操作感を味わえる上に、画面が静止中には1Hz駆動へ自動で切り替え、本体バッテリーの減少を少しでも押さえます。

さらにSamsung Galaxy S22 ultra 本体にはSペンが内蔵され、必要な時にはさっと取り出してタッチペンとして使うことができます。これは無印S22には付いていないultraだけの付属品で、Sペンを引き出すだけで画面がメモモードに切り替わるため、ちょっとしたメモの使用には大変便利です。

しかしスマホ用なだけあってかなり細い作りで書き心地は少々悪めで、繊密なイラストレーションには向きません。過度な期待はせず、あくまでもオマケ程度に考える方が良いでしょう。

Galaxy S22 ultraとGalaxy S22のスペック・比較表

Samsung Galaxy S22 ultraには、同時発売の下位モデルS22があります。

2機種はスペックにおいて大きく異なる点が多々あり、以下の表で比較を兼ねてご紹介します。

Samsung Galaxy S22 ultraSamsung Galaxy S22
価格178,820 円~125,030円~
カラーバーガンディ
ファントムブラック
ファントムホワイト
ファントムブラック
ピンクゴールド
本体サイズ78.0・163.0・8.9mm71.0・146.0・7.6mm
重量229g168g
ディスプレイ
輝度
6.8インチ/ 有機ELエッジディスプレイ
1,750 nits
6.1インチ/有機ELフラットディスプレイ
1,300 nits
リフレッシュレート1〜120Hz可変式48〜120Hz可変式
プロセッサSnapdragon8 Gen1Snapdragon8 Gen1
OSAndroid12Android12
RAM/ROM12GB/256GB12GB/256GB
外部メモリ
カメラ・広角カメラ:約10,800万画素
(アダプティプセル対応)

・超広角カメラ:約1,200万画素
・3倍望遠カメラ:約1,000万画素
・10倍望遠カメラ:約1,000万画素
・内側カメラ:約4,000万画素
・広角カメラ:約5,000万画素
・超広角カメラ:約1,200万画素
・3倍望遠カメラ:約1,000万画素
・内側カメラ:約1,000万画素
バッテリー容量5,000mAh3,700mAh
5G
指紋認証/顔認証〇/〇
(画面内指紋認証)
〇/〇
(画面内指紋認証)
防水IPX8 / IP6XIPX8 / IP6X
急速充電45W25W
イヤホンジャック
付属Sペン

まず2機種はディスプレイの形状異なる点に注目です。

S22はフラットディスプレイであるのに対してSamsung Galaxy S22 ultraではエッジディスプレイ。画面占有率は高い分、使い勝手では悪い評価も目立ちます。エッジディスプレイは保護フィルムとの相性が悪いことが特に不人気の要因に。

しかしそれ以外の点では、さすがフラグシップモデルの上位だけありS22 ultraに軍配が上がります。

特にカメラに関しては圧倒的な差があり、画素数からオートフォーカス性能までS22 ultraが優れています。そしてもちろん画面サイズバッテリー容量などグレードが上がったため、価格も一段と上にはなりますがS22 ultraはその分の高パフォーマンスが期待できるモデルです。

まとめ:Samsung Galaxy S22 ultra

GalaxyのフラグシップモデルSamsung Galaxy S22 ultra。その実力は現Androidスマホのトップクラスとも言われています。

搭載カメラはこだわりを持つユーザーも納得の高性能で、アウトもインも美しい写真や動画を収めることができます。

さらにコンパクトな本体に大型ディスプレイを搭載していることが人気の大きな要因です。

その分価格が跳ね上がってしまいますが、引けを取らない様々な機能を搭載していることから、十分に購入する価値があるモデルです。

担当者:岡田ちえか
au:
178,820 円
サイトを見る
docomo:
183,744円
サイトを見る
ユーザ評価
0件の平均
ユーザ採点
0
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

0件 0件

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。