サムスン Galaxy S22
コンパクトな本体と高い処理能力に加えて安価が魅力のGalaxyハイエンドスマホ

サムスン Galaxy S22の特徴
2022年4月に発売されたSamsung Galaxyのハイエンドスマホです。
6.1インチのディスプレイを持ちながらコンパクトで疲れにくい軽量ボディ。
さらに強化ガラスの採用で頑丈なことも強みです。
最新CPUを搭載し高いパフォーマンス力を発揮しますが、バッテリーの持ちの悪さなどに課題は残ります。
カメラ性能も十分で暗所撮影が特に得意となりました。
カラー展開は3色で、125,030 円~の価格で購入ができます。
グッドポイント
  • 完全フラットなディスプレイと背面が使いやすい
  • 片手で操作しやすく疲れにくいサイズ感
  • 最適化を行うリフレッシュレート駆動自動切り替え機能あり
  • 光学3倍望遠の性能が高く暗所撮影に強い
  • 精度の向上した認証機能
  • ハイエンドスマホの中では最安値付近
ウィークポイント
  • 前機種よりダウンしたバッテリー容量
  • microSD非対応
  • イヤホンジャック×
  • 排熱性能が悪く本体が熱くなりがち
au:
125,030 円
サイトを見る
docomo:
127,512円
サイトを見る
サムスン Galaxy S22のスペック
ディスプレイ 6.1インチ(有機EL)
背面カメラ 広角/5000万、超広角/1200万、望遠/1000万
前面カメラ 広角1000万画素
ベンチマーク 約3000〜/マルチコア
バッテリー 約3700mAah
重量 168g
ストレージ 256GB(外部あり)
防水防塵 IP68
認証
通信 5G
性能評価 3.3
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします
※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。ベンチマークは、Geekbench Browserを参考とし、平均値数値を参考としています。

コンパクトなのに高性能◎安くハイエンド機種が欲しいユーザーにおすすめ

Galaxyシリーズから2022年4月に発売が開始されたSamsung Galaxy S22。

注目したいのがそのデザインとサイズ感で、本体は完全フラットタイプであるのに加え、軽くて握りやすいよう設計されています。

ハイエンドスマホでこのコンパクトさは珍しく、さらに頑丈で耐久性に優れていることが一番のメリットと言えるでしょう。

また最新CPUを搭載した本機は、リフレッシュレートは可変式で自動で最適な駆動を行います。これは本体への負担やバッテリーの消耗を抑えてくれるものですが、使用レビューではバッテリー持ちの悪さが指摘されており課題が残ります。

カメラ性能も前作と比較して大きく向上し、特に暗所撮影が得意となりました。

ファントムホワイト、ファントムブラック、ピンクゴールド3カラーが展開され、価格は125,030 円~。ろなり、通常のハイエンドスマホの中でも最安値に近い設定がされています。

少しでも安く高性能なスマホが欲しいならおすすめできるモデルです。

Galaxy S22と上位モデルGalaxy S22 ultraの性能比較

Samsung Galaxy S22と同時発売した同シリーズS22 ultraは、Galaxyの最上位機種とされています。

両機種は価格の他にスペックにも大きな違いがあり、その一覧を下記表に記しています。それぞれ必要な機能を備えたモデルを選んでください。

Samsung Galaxy S22Samsung Galaxy S22 ultra
価格125,030円~178,820 円~
カラーファントムホワイト
ファントムブラック
ピンクゴールド
バーガンディ
ファントムブラック
本体サイズ71.0・146.0・7.6mm78.0・163.0・8.9mm
重量168g229g
ディスプレイ
輝度
6.1インチ/有機ELフラットディスプレイ
1,300 nits
6.8インチ/ 有機ELエッジディスプレイ
1,750 nits
リフレッシュレート48〜120Hz可変式1〜120Hz可変式
プロセッサSnapdragon8 Gen1Snapdragon8 Gen1
OSAndroid12Android12
RAM/ROM12GB/256GB12GB/256GB
外部メモリ
カメラ・広角カメラ:約5,000万画素
・超広角カメラ:約1,200万画素
・3倍望遠カメラ:約1,000万画素
・内側カメラ:約1,000万画素
・広角カメラ:約10,800万画素
・超広角カメラ:約1,200万画素
・3倍望遠カメラ:約1,000万画素
・10倍望遠カメラ:約1,000万画素
・内側カメラ:約4,000万画素
バッテリー容量3,700mAh5,000mAh
5G
指紋認証/顔認証〇/〇
(画面内指紋認証)
〇/〇
(画面内指紋認証)
防水IPX8 / IP6XIPX8 / IP6X
急速充電25W45W
イヤホンジャック
付属Sペン

比較して分かるように、まず両機種ではデザインが大きく異なります。S22はS22 ultraと比べて画面サイズは小さくなってしまいますが、その分コンパクトさと軽さが魅力の製品です。

またS22はS22 ultraと並んだ時に大きく性能に違いがあります。フラグシップモデルであるS22 ultraは最高レベルのスペックを持つ分、価格はぐんと高くなってしまいます。

しかしS22も高い性能を持ち、上位モデルと同じ最新CPUを搭載しています。カメラについても大きいこだわりが無ければ十分のスペックを持っているため、人によってはこちらで十分でしょう。

そして今回評価が高かったのが認証機能指紋と顔認証に対応しており、これまで指紋認証は遅延や誤作動などの問題を抱えていましたが、超音波式になった今回は認証精度が向上しています。

コンパクトな上に強化ガラスで頑丈、人気のフラットディスプレイ

Samsung Galaxy S22はコンパクトさが特徴で、特に片手操作がメインというユーザーには最適なサイズ感です。その分ディスプレイサイズ6.1インチとそこまで大きくはなく、マルチタスクをこなすには少し厳しいとの声も。

またフラットディスプレイが採用された本機は、使い勝手でS22 ultraを上回り人気を集めています。

フラットディスプレイのメリットは沢山あり、保護フィルムが貼りやすいことや、誤ったタップによる作動がありません。上位モデルのようなエッジ型は画面占有率が上がることが良い点ではありますが、現在でもユーザー人気が高いのはこのフラットディスプレイモデルです。

さらに前後ガラスは高級素材「Gorilla Glass Victus+」が採用されています。通常のVictusよりもこの「+」の方が高い耐久性を持ち、少々の擦り傷なら耐えられるほど。

コンパクトボディに使いやすいフラットディスプレイ、そして頑丈さを兼ね備えているSamsung Galaxy S22。上位モデルと比較しても十分に事足りるスペックを持っています。

高い処理能力を誇る最新CPUを搭載、バッテリーの持ち度は低め

最新CPU「Snapdragon 8 Gen 1」が搭載されたSamsung Galaxy S22は、処理能力が高く快適な操作性を叶えるスペックになっています。

リフレッシュレートが可変式となり、48~120Hzまでの間で自動切り替えを行いシーンに合わせて最適な駆動を行います。画面に動作がある時は高リフレッシュレートで、静止中は低くといった切り替えを行ってくれるため、無駄にバッテリーを消耗することもありません。

またメモリは8GBあり、これだけあれば重い作業やゲームプレイも快適に行えることのできる十分な容量を持ちます。

しかし最新CPU導入による排熱性能の低さを指摘するレビューも多く、負荷のかかるゲームを長時間プレイするなどしてしまうと一気に本体が熱くなってしまうので注意が必要です。

また近年主流になりつつある外部メモリ非対応でストレージを後付けで増やすことができないため、アプリを多くインストールする場合は残り容量を管理していかなければなりません。

前作より進化したカメラは、暗い場所の撮影でも大活躍

Samsung Galaxy S22では広角・超広角・3倍望遠からなるトリプルカメラが搭載されています。

まず広角カメラが前モデルS21の1200万画素から5000万画素に大幅アップ

望遠カメラは大幅に画素数が下げられましたが、新たに採用された光学3倍レンズが従来Galaxyシリーズで苦手とされていたデジタルズームを改善し、しっかりときめ細やかな望遠撮影を実感できます。

前モデルと比較するとイメージセンサーが23%大きくなり、夜景などでの小さな光を取り込んで大きい光を映し出す技術のおかげで暗所での撮影が難なく行えます

上位モデルS22 ultraと比較すると圧倒的な実力の差があることは確かですが、本機搭載カメラでも十分レベルの高い写真を撮ることが可能。

一眼レフ並みのズームや高画質を求めるようでなければ、Samsung Galaxy S22のカメラでもしっかり満足ができるでしょう。

まとめ:Samsung Galaxy S22

Samsung Galaxy S22はハイエンドモデルでありながら手に入れやすい価格のスマホです。

手になじむコンパクトさに加えて軽くて持ちやすいデザインとサイズ感が一番の魅力。

最新CPU「Snapdragon 8 Gen 1」が搭載された本機はパフォーマンス力も高くゲームプレイなどにも最適ですが、バッテリー消費が激しく長時間連続使用は向きません。

カメラ性能は前作より進化したイメージセンサーが活躍し、特に暗所では美しい撮影を行うことができます。

Samsung Galaxy S22は高性能なスマホを求める初心者ユーザーにぴったりですので、ぜひ参考にしてください。

担当者:岡田ちえか
au:
125,030 円
サイトを見る
docomo:
127,512円
サイトを見る
ユーザ評価
0件の平均
ユーザ採点
0
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

0件 0件

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。