サムスン Galaxy S21 Ultra 5G
ユーザーが欲しい性能をすべて詰め込んだS21最新作、超ハイスペックスマートフォン

サムスン Galaxy S21 Ultra 5Gの特徴

「Galaxy S21 Ultra 5G」はGalaxy S21シリーズの最上位モデルです。基本性能やディスプレイ・カメラのスペックの高さはもちろんのこと、今回の端末からSペンの対応が可能になったことにも注目。スマートフォンとしての運用だけでなくタブレットのような運用方法も想定でき、使用用途の幅の広がりにも目が離せません。使い勝手が良く高性能なハイスペックスマートフォンです

グッドポイント
  • 約1億800万画素の広角レンズ
  • 超音波指紋センサーを搭載
  • 最高120Hzの高リフレッシュレート
  • 有機ELディスプレイ搭載で鮮明なスクリーン
ウィークポイント
  • 重量感がある
  • 外付けストレージ非対応
  • シャッターボタンを押しにくいボタン配置
  • ワイヤレス充電非対応
楽天:
130,000円〜
サイトを見る
サムスン Galaxy S21 Ultra 5Gのスペック
ディスプレイ 6.8インチ(有機EL)
背面カメラ 広角/1億800万画素、超広角/1200万画素、望遠/1000万画素10倍、望遠/1000万画素3倍
前面カメラ 広角4000万画素
ベンチマーク 約2700〜/マルチコア
バッテリー 約5000mAah
重量 228g
ストレージ 256GB(外付けなし)
防水防塵 IP68
認証 顔、指紋
5G
性能評価 3.6
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします 5

※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。ベンチマークは、Geekbench Browserを参考とし、平均値数値を参考としています。

ハイエンドモデルのなかでもずば抜けた性能のモデル

重厚かつ洗練されたデザイン

「Galaxy S21 Ultra 5G」では6.8インチ有機ELディスプレイが搭載。解像度は3,200×1,440(WQHD+)でリフレッシュレート最大120Hz対応と、ハイエンドモデルらしい文句の付け所の無いスペックです。最大解像度WQHD+適用時にもリフレッシュレート最大120Hzを使用できるようになったのも今作が初めて。そして今回からSペンにも対応可能となり、圧倒的な進化を遂げていると言っても過言ではありません。

背面はガラス素材を使用。カラーリングにも高級感があり、非常に力を入れて作られていることが感じられます。操作ボタンは全てカメラ側である右側にまとめて配置。下部にはマイクやType-Cコネクタ、SIMカードスロットが配置されており、上下には揃ってステレオスピーカーが搭載されています。

ボタン配置は全体的に綺麗にまとめれている印象ですが、カメラ使用時に横持ちにするとシャッターボタンが手が届きにくい場所に行ってしまうことが残念なポイント。「Galaxy S21 Ultra 5G」はカメラ機能が非常に優秀な分、ボタン配置が非常に悔やまれる点です。

サイズ感に関しては賛否両論です。
フラッグシップモデルで非常に多くの機能を備えていることもあり、機体自体は片手では収まりきらないサイズ感。両側面に少し湾曲が入っているのでグリップ面やフィット感に問題はありませんが、手が小さい方からすると使いにくいかもしれません。

左の機種がGalaxy S21 Ultra 5G

重量は約230g。先述の通り「Galaxy S21 Ultra 5G」は両側面に湾曲が入っているので、その数字ほどの持ちにくさは感じません。しかし長時間の使用になってくると、手首や手のひらの疲れの疲労感は溜まりやすいように感じました。長時間のネットサーフィンや、写真・動画撮影時には少し注意が必要です。

極限までリアルに近づけた高性能カメラ

「Galaxy S21 Ultra 5G」ではクアッドカメラを搭載。詳細としては約1億800万画素広角カメラ、約1,200万画素超広角カメラ、約1,000万画素望遠カメラ(光学3倍)、約1,000万画素望遠カメラ(光学10倍)の4つのアウトカメラに加え、約4,000万画素のインカメラの配置。

約1億800万画素の高画素カメラの配置で、解像感を損なわずに画像編集が可能になりました。1,000万画素の望遠カメラは2種搭載。画素数は同じものの光学が3倍と10倍に分かれているので、TPOによって切り替えが可能になりました。

1,200万画素の超広角カメラではマクロ撮影が可能。被写体に対して40cm以内まで近づくと、自動的にマクロモードへ移行して最大5cmまで寄って撮ることができます。

そして「Galaxy S21 ultra 5G」では、光学ズームとデジタルズームとAI処理を組み合わせた「スペースズーム」機能によって、最大100倍のズームにも対応しています。遠くの被写体の撮影も容易に可能になりました。この機能を求めて「Galaxy S21 ultra 5G」を購入する方も非常に多いようです。

ちなみに「Galaxy S21 Ultra 5G」の内部ストレージは256GBと、カメラ性能の高さと比べて容量があまり大きくありません。それにもかかわらず外付けストレージにも非対応です。容量のやりくりは小まめにしておいた方がよさそうです。

大胆且つ滑らかなディスプレイ

6.8インチの有機ELディスプレイ搭載と、最大120Hzまで対応のリフレッシュレートは流石のフラッグシップモデルといったところ。

リフレッシュレートは標準と最適化の2パターンからの選択になります。標準を選択すると60Hzで固定、最適化を選択するとコンテンツに応じて10Hz~120Hzの間で自動調節が入ります。スペックがあまり高くない端末だと最新のスマホゲームはカクつくことが非常に多いですが、「Galaxy S21 Ultra 5G」ではその心配は一切必要ありません。動きが多くても滑らかでスムーズ。スマホゲームをガッツリする方にとってもオススメの端末であることは間違いないです。もちろん動画視聴アプリなどもストレス無く視聴できるので、ゲームをあまりしない方でもディスプレイのスペックの高さは感じることができます。

生体認証はセキュリティ重視

「Galaxy S21 Ultra 5G」では指紋認証と顔認証の2種類の生体認証が可能です。顔認証は非常にスムーズで特に問題はありません。しかし指紋認証の方は、人によっては少しストレスを感じるかもしれません。

「Galaxy S21 Ultra 5G」の指紋認証は超音波式センサーが搭載されています。超音波式は光学式よりも解除スピードが速いことが利点です。しかし「Galaxy S21 Ultra 5G」のセンサーは正確過ぎるが故に、少しのズレでも解除しないことがしばしば発生するようです。セキュリティが非常に強いという面では安心できるのですが、このセンサーを少し億劫に感じる場合もあります。あらかじめ注意が必要です。

まとめ:Samsung Galaxy S21 Ultra 5G

「Galaxy S21 Ultra 5G」はS21の最上位モデルであり、ユーザーの期待を越えたとても高スペックなスマートフォンと言えます。

大画面・高画質ディスプレイで動画観賞やゲーミングにも最適。クアッドカメラによって高品質のカメラ撮影も可能になり、普段使いの幅も非常に広がりました。

初めは値段に合ったスペックなのかと疑問に思っていましたが、前作から見事にパワーアップを果たして登場していました。値段以上の高スペックハイエンドモデルです。機種変更を考えている方はぜひ一度手に取ってこの素晴らしい性能を感じ取ってみてください。

担当者:田中香
楽天:
130,000円〜
サイトを見る
ユーザ評価
4件の平均
ユーザ採点
5
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

3件 0件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。