BOSE QuietComfort Earbuds
豊かな低音が楽しめるBOSEの完全ワイヤレスイヤホン

BOSE QuietComfort Earbudsの特徴
2020年10月に販売が開始されたBOSEの完全ワイヤレスイヤホンです。これまでのノウハウを生かしたノイズキャンセリングと無線とは思えない音質の良さが魅力。BOSEらしい豊かな低音とクリアな中音域が楽しめます。価格はそこまで気にしないから、性能の高いワイヤレスイヤホンが欲しい方にはうってつけの製品です。
グッドポイント
  • どこでも静寂な環境が手に入る強力なノイズキャンセリング
  • BOSEらしい豊かな低音が無線イヤホンで楽しめる
  • 最大7台までデバイス登録可能
  • USB-CとQi充電の2種類の充電方法に対応
ウィークポイント
  • 本体ケースサイズが少し大きめ
  • 光沢仕上げの部分は汚れが目立ちやすい
  • aptxやLDACには非対応
  • 充電ケースのバッテリー容量が少なめ
Amazon:
25,000円
サイトを見る
楽天:
2,7500円
サイトを見る
BOSE QuietComfort Earbudsのスペック
音質 / 高音域 2.91 dB周波数特性誤差
音質 / 低音域 1.36 dB周波数特性誤差
ドライバーユニット 9.2mm
ノイズキャンセリング ANC
ハイレゾ なし
連続再生 6時間(2時間充電)
重量 8.5g×2
防水 IPX4
性能評価 3.1
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします 5
※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。音質音域等は、Rtings.com等の数値を参考とし相対的評価を行っています。

最高クラスのノイズキャンセリングを搭載。BOSEのワイヤレスイヤホン最新モデル。

2020年10月15日、アメリカの音響機器メーカーBOSEから新製品「QuietComfort Earbuds」が発売されました。BOSEの完全ワイヤレスイヤホンとしては「SoundSport Free」以来、2作目の製品となります。定期的にソフトウェアアップデートが施されており、発売して期間が経っても進化を楽しめるイヤホンです。BOSEが開発していることもあり、ノイズキャンセリングはとても強力。通勤用だけでなく、仕事時に集中するためのイヤホンとしてもおすすめです。

コンパクトな本体に高性能なノイズキャンセリングを搭載

本製品の大きな魅力のひとつであるノイズキャンセリング機能は非常に強力です。数十年に渡り、蓄積したノイズキャンセリング機能を本製品に凝縮。周囲の騒音に対して逆位相の信号を生成し、的確にノイズをカットします。フィット感の高い「StayHear Max チップ」による装着感と合わせることで、最高の静寂をユーザーに提供。周囲のノイズを気にすることなく、自分の好きな音楽だけに集中することが可能です

また、ノイズキャンセリングだけでなく、外部の音を取り込める「Awareモード」を搭載しています。高品質な内蔵マイクで外部の音を取り込んだ後に、不快に感じない音量に調整して再生。音楽を流しながら、外の音も自然に聞くことが可能です。イヤホンを付けたままでも、電車のアナウンスや自転車や車の音などを確認できるようになり、より快適な生活を送れるようになります。

タッチジェスチャで簡単に各種操作が可能

「タッチジェスチャ」による使い心地の良さも「QuietComfort Earbuds」の魅力のひとつ。本製品は左イヤホンをスワイプ、またはタップをするだけで様々な操作を行えます。「タッチジェスチャ」で行える主な操作は次の通りです。

  • 音量調節
  • Quietモード(ノイズキャンセリング)への切り替え
  • Awareモードへ(外部音モード)への切り替え
  • 着信応答

片手で簡単に各種操作が可能。通勤中や運動中などのシーンでも、とっさにコントロールできます。しかし、タッチセンサーの感度が良すぎるという意見も。物理ボタンの製品に比べて、誤操作は発生しやすいため、頻繁にイヤホンの位置を調整するようなユーザーは注意が必要です。また、イヤホン本体を耳から外すと、自動的に音楽が停止。再び、耳に装着すると以前停止していた箇所から自動的に再生されます。

さらに細かい設定を行いたい場合は、専用アプリの「Bose Music App」をインストール。低音や高音を調整しながら好みの音質に設定できる「イコライザ機能」など、「タッチジェスチャ」だけでは行えなような細かな設定ができます。iOSとAndoroid、どちらのOSでも利用可能。快適さや音質にこだわりたい方は確認しておきましょう。

無線でも低音豊かなBOSEサウンドが楽しめる

オーディオ機器を評価するのにあたって欠かせない音質についてですが、無線というジャンルにおいては最高レベルです。イヤホン本体には、BOSE独自の音響構造を採用。コンパクトな見た目からは、想像できなような迫力のある音が楽しめます。また、音量ごとに各音域バランスの変化を修正する「アクティブEQテクノロジー」を搭載。小音量時に破綻しやすい低域もしっかりと鳴らし、各音量ごとに最適なバランスで再生します

Bluetoothバージョンは5.1を採用しています。9メートル以内であれば、めったに途切れることはなく、安定した接続が可能です。コーデックには「SBC」と「AAC」に対応しています。安定した接続で、高品質なサウンドを再生可能。動画やゲームもダイナミックな音で楽しめます。ただ、「aptx」や「LDAC」といったコーデックには非対応。ちょっとした遅延があるため、シビアなタイミングが要求されるリズムゲームなどは快適にプレイできません。

防滴仕様・Qi充電対応など使い勝手も抜群

音質はもちろんのこと、「QuietComfort Earbuds」は使い勝手も抜群です。耳に触れる部分には全てシリコンを採用。他にも、圧力を分散してくれる円錐形のノズルや、フィット感の高い「StayHear Maxチップ」など長時間の利用でも快適に使えるように様々な工夫が凝らされています。また、大きなウイングによって、ユーザーの耳にしっかりフィット。イヤホンの位置がずれにくくなり、頻繁な位置調整の必要がなくなります。

「QuietComfort Earbuds」はIPX4相当の防滴仕様。イヤホンの使用中に、雨が降ってきた場合も安心です。ポート部分がメッシュ状になっているため、水分だけでなく、異物の侵入も防ぎます。最高の装着感と相まって、スポーツ用のイヤホンとしても優秀。利用シーンを選ばない優れたデバイスに仕上がっています。

バッテリーは、最大6時間の再生が可能です。イヤホンケース自体が2回分の充電ができる充電器となっているため、長時間の外出でも安心して使えます。充電方法はUSB-CとQi充電の2通りに対応。使っているデバイスに合わせて、柔軟に変更できます。15分で約2時間分の充電が可能な「クイック充電」にも対応しており、充電を忘れた場合も安心です。

カラーバリエーションは4色、イヤーチップは3種類付属

「QuietComfort Earbuds」の本体カラーは全部で「トリプルブラック」「ソープストーン」「ストーンブルー」「サンドストーン」の4種類です。充電ケースとイヤホン本体の表面はマット仕上げに、内側部分は光沢仕上げに。主張しすぎない大人なデザインにまとまっており、どんなシーンにも持っていくことができます。ただ、充電ケースは他のワイヤレスイヤホンと比較して少し大きめ。コンパクトさを求める方にとっては欠点といえます。

「QuietComfort Earbuds」同梱物は次の通り。

  • QuietComfort Earbuds本体
  • 充電ケース
  • イヤーチップ(S・M・L)
  • USB-C充電ケーブル(A-C)
  • クイックスタートガイド

本製品はサイズの異なる3種類のイヤーチップが付属。ユーザーに合わせたサイズを選択することで、遮音性とフィット感をより高めることができます。付属のUSB-Cケーブルの長さは約30cm。少し短く感じた方も多いかもしれませんが、コンパクトで取り回しが良いため、管理が非常しやすいです。

まとめ:BOSE QuietComfort Earbuds

BOSE「QuietComfort Earbuds」は、強力なノイズキャンセリングとワイヤレスイヤホンでも最高レベルの音質が魅力の製品です。専用アプリ「Bose Music App」を使うことで、自分好みに音質をカスタマイズすることが可能。ノイズキャンセリングを搭載した高品質なイヤホンを探している方にぴったりのアイテムです。

担当者:渡辺弘基
Amazon:
25,000円
サイトを見る
楽天:
2,7500円
サイトを見る
ユーザ評価
1件の平均
ユーザ採点
5
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

1件 0件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。