ビーツ / Beatsの特徴

スマートでスタイリッシュなデザインとApple製品との親和性

シンプルでありながら街中で見かければ目を引くスタイリッシュなデザインのBeats製品。

アメリカのストリートスタイルを意識したデザインやカラーリングは、日本においても非常に人気が高く、外出時にはファッションアイテムとしても活躍してくれます。

高級オーディオメーカーとしてサウンド面についても支持者が多く、Beatsの音でなくては物足りないというファンを生み出すほど特徴がある魅力的な音響を持ち合わせています。

2014年にはApple社によって買収され傘下となりましたが、そのことによりメーカーとしての知名度が向上し、何よりApple社製のデバイスとの相性が非常に良くなりました

日本においてもシェアの多いiPhoneのユーザーにとってはApple純正のオーディオ製品と遜色なく接続できるBeats製品の存在は非常に大きいです。

このように、デザイン性と実用性の両方をもつBeats製品は、今後のプロダクトにも注目です。

ビーツ / Beats製品の優位性、個性

重低音の力強い音質が特徴のドンシャリ系サウンド

Beats製品の最大の特徴は、やはり重低音の音域が強調されたドンシャリサウンドです。

体に響く力強いサウンドはリスナーを音楽の世界に一気に引き込み魅了します。そしてその重低音サウンドに負けないようにバランス良く調整された中音域~高音域によって、多くの音楽ファンやプロ達を納得させる高品質なサウンドを実現しています。

現在アメリカを席巻しているヒップホップやEDMなどの音楽に非常によくマッチするサウンドで、まさに時代に合ったサウンドと言えます。

Beatsの重低音の響きでなくては物足りないというファンも多く、オーディオ市場で確固たる地位を獲得しているブランドです。

Apple傘下となったことで固定ユーザーを獲得

2014年にApple社の傘下となったことを皮切りに、Beats製品は接続性や親和性の面でAppleデバイスと切っても切れない関係になりました。しかし、そのことによっていい意味で不動の地位を獲得しています。

当然Beats製品はiPhoneなどのAppleデバイスと非常に接続性が良く、さらに価格もAirPodsなどのApple純正製品よりわずかに安価なため、国内外問わず非常に人気があります。ドンシャリ系のサウンドはAppleのフラットなサウンドとの棲み分けも出来ており、非常によい関係性が成り立っているのです。

そして何より、Beats製品はAndroidなどのデバイスとの接続性も良く、サウンドコントロールデバイスのブランドによらず使用できるのが大きな魅力です。Apple傘下になりましたが、それ以前からのノウハウを活かしてより多くのユーザーに適したオーディオ機器を届けるべく努力をしています。

ファッションアイテムとしても活躍するデザインと機能美の融合

Beats製品といえば、一目でブランドを分からせるスタイリッシュなデザインとブランドロゴ、そしてポップなカラーリングです。

アメリカのポップカルチャーの中で圧倒的な人気を誇る同ブランドの製品は、サウンド面もそうですが創業者のDr.Dreの意向がふんだんに詰まったデザインとなっています。ブラックやホワイトなどの定番色に加え、ビビットなカラーリングのブルーやレッドなどの個性を出しやすいカラーや、ゴールドやシルバーを基調とした高級感漂うデザインまで幅広く、それも多くのユーザーに愛される理由の1つとなっています。

また見た目のデザインのみならずBeats製品は、着け心地や使用感といった面でも高い評価を得ています。人間工学に基づいて設計されたヘッドホンやイヤホンは長時間の使用でも頭や耳が痛くなりにくくなっています。自宅でも使用する機会が増えた現代においても重宝する機器となっています。

ビーツ / Beatsの技術

Beats独自開発のピュアアダプティブノイズキャンセリング機能

近年のヘッドホンおよびイヤホンの市場では、ノイズキャンセリング機能を有する機種が多く発売されていますが、Beatsにおいては独自に開発したピュアアダプティブノイズキャンセリング機能(以下、Pure ANC)と呼ばれる技術を用いています。

Pure ANCはアクティブ・ノイズキャンセリングであり、周囲の騒音や雑音を機器のデジタル処理によって打ち消します。独自の高度なアルゴリズムにより、外音をモニタリングしながらその環境に合わせて打消しの周波数を調整するという技術です。

また、Pure ANCでは着用者の頭や耳の形状、毛髪の状態や眼鏡の有無、イヤーカップとのフィット感などを検知し、使用者個人に最適なノイズキャンセリングを実現します。

Apple W1チップ搭載で接続性とバッテリー性能が大幅に向上

2016年以降にBeatsから発表された製品では「Apple W1チップ」を搭載したモデルが多く発表されてきました。

Apple W1チップはAirPods(初代)にも採用されていて、この搭載で何よりもバッテリー性能が大幅に向上しました。

ヘッドホンのフラッグシップモデルである「Beats Studio3 Wireless」ではPure ANC機能使用時でも22時間の連続再生が可能で、これは従来の約2倍に近い性能(従来モデルは12時間の連続再生)となっています。ノイズキャンセリング機能をOFFにした状態では40時間の再生が可能なため、バッテリー性能は間違いなくトップクラスです。

「Fast Fuel(急速充電)」機能によって、より短時間での充電が可能になっています。

さらに、Bluetooth class1に対応するなど接続性の向上も行っており、より快適な使用が可能となっています。

さらに現在ではヘッドホンの「Beats Solo Pro」を中心に、「PowerBeats Pro」、「PowerBeats」、「Beats Fit Pro」ではW1チップの後継にあたる「Apple H1チップ」が搭載されています。これはAirPods第2世代以降に搭載されているもので、さらに接続性が向上しています。今後Beatsから発表される現行モデルの後継機にはH1チップが搭載されていくことと思われます。

ビーツ / Beatsの歴史

ファッションの最先端を歩んできたBeatsプロダクト

Beats Electronicsは2006年にDJでラッパーのDr. Dre(ドクター・ドレ―)とレコード会社会長のJimmy Iovine(ジミー・アイボーン)によって設立されたブランドです。

2008年に最初の製品である「Beats Studio」を発表し、当時はヘッドホンとして画期的でスタイリッシュなデザインとして世間を席巻しました。現在でも「Beats Studio3 Wireless」としてその系譜は続いています。

その後の2009年にはこちらも大ヒットモデルの「Beats Solo」を発表し、その他にも歌手のレディー・ガガとのコラボ製作で製品を発表するなど、アーティストとタッグを組んだプロダクトにも取り組んでいきます

2010年にもアメリカのNBAプロバスケットボール選手のレブロン・ジェームス氏とのコラボではランニングなどの運動時に使用しても落下しない「Power Beats」を発表するなど、常に意欲的な製品を世に送り出してきました。

大きな転機は2014年にApple社による買収で傘下に加わったことです。それ以前にもアメリカ文化に浸透し圧倒的なユーザー支持を得ていましたが、より世界的に多くの市場を獲得し始めていくことになります。

日本においてもApple製品と共に店舗で見かける機会が増え、知名度とブランディングも大幅に向上しました。

近年では、スマートフォンやタブレットの急速な発展に合わせるように、より快適に使いやすく、そしてPure ANCなどの最新技術も生み出しています。今後もスタイリッシュで使いやすさ抜群のBeats製品に注目です。

ビーツ / Beatsの概要

会社名:ビーツ・エレクトロニクス
本社:アメリカ、カリフォルニア
公式サイト:https://www.beatsbydre.com/jp
創業:2008年
親会社:アップル

ビーツ / Beatsの製品一覧

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。