Beats Solo Pro Wireless
コンパクトで高性能、ノイズキャンセリング機能を搭載したハイエンドなヘッドホン

グッドポイント
  • 「H1チップ」搭載でさらにiPhoneとの互換性が向上
  • アクティブノイズキャンセリング機能「Pure ANC」搭載
  • ヘッドホンの開閉で電源を自動ON/OFF
  • 高速給電機能「Fast Fuel」は10分の充電で3時間使用可能
  • コンパクトで携帯性良好
ウィークポイント
  • オンイヤー型のイヤーパッドは着け心地は劣る
  • 価格は機能に見合って高額
  • 充電端子はUSB-CではなくLightningケーブル
  • iPhoneユーザー以外には他の選択肢も多い
特徴
2019年10月に発売された「Beats Solo Pro Wireless」はBeats製品らしいシンプルでスタイリッシュなデザインに、アクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホンです。Apple製品との互換性が良いBeats製品ですが、本機種では「H1チップ」を搭載し、さらにiPhoneユーザーにとって使いやすくなり、「Hey Siri」にも対応しています。カラーのラインナップは全6色となっております。(2022年3月現在、Apple公式サイトでの販売は終了しております。外部販売店では購入可能です。)
Amazon:
17,889円
サイトを見る
担当者評価
担当者
3
デザイン - 3
性能 - 4
価格感 - 2
話題性 - 3
ぜひアイテムへの評価をお願いします

コンパクトで高機能なノイズキャンセリング機能つきヘッドホン

「Beats Solo Pro Wireless」は、Beatsの人気モデルである「Beats Solo3 Wireless」をベースにして派生したモデルで、アクティブ・ノイズキャンセリング機能が搭載されています。機能自体で比較するとBeats製の最高級ヘッドホンの「Beats Studio3 Wireless」に匹敵するほどの性能を有するモデルとなっています。

オンイヤー型のヘッドホンとしては初のノイズキャンセリング機能を有するモデルで、コンパクトに折りたためるため、携帯性との両立が高いレベルで実現しています。Beats製らいしオシャレでスタイリッシュなデザインは健在で非常に使い勝手が良いモデルです。

ノイズキャンセリング不使用時には外音取り込み機能の使用も可能です。ヘッドホンを装着したままの会話をすることや、周囲の音を察知することができるため使い勝手が良い機能となっています。

「Beats Solo Pro Wireless」のノイズキャンセリングの性能と音質は良好

ノイズキャンセリング機能に関しては、上位機種の「Beats Studio3 Wireless」と同レベルの性能を有しており、日常で使用する分には全く問題がありません。

ノイズキャンセリング機能としては、「ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC)」を搭載しています。Pure ANCは再生中の音源を解析しながらノイズキャンセリングを適用し、かつ外部環境のモニタリングによる遮音を行います。さらに、個人の頭の形や髪型、眼鏡の有無などのよる音漏れの解析を行い、音のバランス調整を行います。

ノイズキャンセリングに関して非常に高性能であることは間違いありませんが、業界最高の「SONY WH-1000XM4」の性能には及ばないと思われます。より騒音が激しい環境での使用が多い方は良く比較して検討することをおすすめします。

音質に関してもクセがなくまとまった音質に仕上がっています高音と低音のバランスが丁度よく、万人が聞いていて違和感を感じにくい音質です。逆に、音質に特徴を求める方や、非常にこだわりが強い方にはその他の選択肢もあるかと思います。

iPhoneとの互換性は良好

Apple製のデバイスとの互換性に関しては間違いなく最高クラスのヘッドホンです。「Beats Solo Pro Wireless」は「H1チップ」を搭載しているおり、これは「Studio3 Wireless」などに搭載されている「W1チップ」よりも新しいチップです。これまでよりもさらに接続の安定性が向上しています。

iPhoneなどのApple製のデバイスユーザーが快適に使用するには、最適の仕様となっているヘッドホンです。

カラーは6色展開、見た目はスタイリッシュで高級感

「Beats Solo Pro Wireless」の見た目に関してカラーは「ブラック」、「アイボリー」、「グレー」、「ライトブルー」、「ダークブルー」、「レッド」の6色展開です。この中で、「ライトブルー」、「ダークブルー」、「レッド」の3色は米国歌手のファレルウィリアムスとのコラボによる「More Matte Collection」として特別仕様となっています。どのカラーも非常にシンプルな色使いで飽きがこないです。選択肢が多い為、多くの方が好みのカラーを見つける事ができます。

また、見た目はBeats製品らしくスタイリッシュなデザインとなっています。イヤーパッドのBeatsロゴや金属パーツ、クッション部分の質感などは、価格に見合った高級感のあるデザインとなっています。

バッテリー性能は最大22時間、高速給電機能が便利

バッテリー性能に関して、完全に充電した状態でノイズキャンセリング機能ON時に最大22時間の使用が可能です。この性能に関しては「Studio3」と同等になっています。また、ノイズキャンセリングをOFFにした省電力モードでの使用は最大40時間となっています。

さらに、高速給電が可能な「Fast Fuel」により10分間の充電で約3時間(省電力モードは6時間)の使用が可能です。この機能により、急な外出時や出先での充電も困りません。

充電ケーブルはiPhoneにも用いられるLightningケーブルとなっています。

ヘッドホンの開閉で電源が自動でON/OFF

「Beats Solo Pro Wireless」の新機能としてヘッドホンの折りたたみ状態からのオープンで電源がONし、逆に折りたたんだ際には電源がOFFになる機能を搭載しています。PCの動作から着想を得たというこの機能は、余分な電力の消費を防ぎ、また不使用時の音漏れも無くすことができます。

操作性に関しては非常にシンプルで使いやすい

ヘッドホンの操作性に関しては、イヤーパッドについているボタンで以下のような操作が可能となっています。

  • 再生/停止
  • ボリュームの調整
  • 次または前の曲への移動
  • 通話の応対
  • Siriの起動

また、左側のイヤーパッド下のボタンでは以下の操作が可能です。

  • ノイズキャンセリング機能ON
  • 外音取り込み機能ON
  • ペアリングモード起動

それぞれ慣れてしまえば、スマートフォンの取り出しが不要となり非常に便利です。本機種はヘッドホンの開閉で電源のON/OFFが可能なため電源ボタンもなくなり、その分付加機能が増えています。

全文を見る

まとめ:Beats Solo Pro Wireless

「Beats Solo Pro Wireless」は、「H1チップ」の搭載によってこれまでのBeats製品よりもさらにiPhoneとの互換性を向上させたヘッドホンです。コンパクトで携帯性が良いボディにPure ANCのノイズキャンセリング機能が搭載され、ハイエンドな仕様となっています。また、ヘッドホンの開閉によって自動で電源ON/OFFをする機能や、高速給電が可能な「Fast Fuel」などが搭載されており、その他機能性も非常に高い製品となっています。外出時の使用をメインとし、携帯性と同じく機能性に高いクオリティを求めるユーザーにとって良い選択だと思います。

連続再生時間最大22時間(ノイズキャンセリング使用時)
充電端子Lightningケーブル
イヤーパッド形状オンイヤー型
ノイズキャンセリング機能Beats「Pure ANC」
高速給電機能「Fast Fuel」10分間充電で3時間使用可能
Amazon:
17,889円
サイトを見る
ユーザ評価
1件の平均
ユーザ採点
4
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

1件 0件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。