バング&オルフセン / Bang & Olufsenの特徴

優れたデザイン性を誇る北欧生まれの高級オーディオブランド

洗練された機能美でユーザーを魅了してやまないBang & Olufsenのオーディオ製品。

大型スピーカーからイヤホンまで多岐にわたるプロダクトは、そのすべてがオーディオ市場において最上級のデザイン性を誇っています。近年の日本においてはオーディオ製品に加えてテレビと電話機が販売されており、他社製品とは一線を画すラグジュアリーな仕上がりになっています。

もちろん機能面でも非常に優れており、スマートスピーカーとしての音声アシスタント機能や音楽サブスクリプションとのリンク機能などを有するモデルも多く発表されています。現在ではスマートフォンとBluetoothで接続する機能はお馴染みですが、同ブランドでは2012年発表の「B&O PLAY」と呼ばれるカジュアルラインですでに採用していました。

音質についても高い評価を得ているのがBang & Olufsenです。すべての音域のバランスが計算され、クセなく心地よく、どのような音楽ジャンルにもマッチするようなサウンドは、多くの音楽好きを虜にしてきました。

唯一無二のデザイン性と機能性をもつデンマーク発の高級オーディオメーカーBang & Olufsenは、世界中で多くのファンを持つブランドです。

バング&オルフセン / Bang & Olufsen製品の優位性、個性

インテリア性を重視した美しく洗練されたデザインが最大の特徴

世界で最も美しいオーディオ機器ブランドとも称される「Bang & Olufsen」

一見しただけではオーディオ機器とは思えないようなデザインのスピーカーや、家具としてのインテリア性が高いスタイリッシュなデザインを数多く生み出してきました。

その独創的かつ美しいデザインはまさにオンリーワンな存在であり、同ブランドを知る者が見ればそのものが「Bang & Olufsen」の製品であるという事を瞬時に分からせます。それほどデザイン性という面では秀でた地位を獲得しているブランドです。

円盤型のデザインが特徴的な「Beoplay A9」は、まさにBang & Olufsenのプロダクトを象徴しているかのような製品です。室内空間において、時にインテリアとして溶け込み、また時にはアートとしての存在感を放つようなデザインはその他すべてのオーディオメーカーとは一線を画しています。

ヘッドホンやイヤホンなどの小型機器に関してもデザイン性は健在で、本体の丁寧なつくり込みに加えて、ケースや充電ケーブルなどの付属品に至るまでBang & Olufsenとしての高級感と所有感を満たしてくれる仕上がりになっています。

すべてのプロダクトで一貫して演出される高いデザイン性とそれによる高級感は「Bang & Olufsen」のブランド価値を高め、多くのファン・ユーザーの支持を得ています。

カジュアルラインの「B&O PLAY」にてさらに多くのファンを獲得

高級オーディオメーカーとして有名な「Bang & Olufsen」ですが、昨今のスマートフォンの普及と進化に呼応する形で2012年にスタートしたのが、Bang & Olufsenのカジュアルライン「B&O PLAY」です。

現代では自宅においてもCDやレコードで音楽鑑賞する機会は少なく、スマートフォンやタブレットとの連携による音楽の聴き方が当たり前になっています。そのような中でB&O PLAYでは洗練されたデザインと同ブランドのクオリティはそのままに、より身近なデバイスと共にカジュアルに使える製品群をラインナップしています。

「PLAY」には遊び心やフレンドリーといった意味が込められています。カジュアルラインとはいえ同ブランドの製作チームがデザイン性から音響技術に至るまで、最高といえる製品のみをラインナップしており、実際にとても素晴らしい製品が並んでいます。

「B&O PLAY」の特徴としては、デザイン性に加えて携帯性と堅牢性、そして見た目も楽しめる豊富なカラーリングです。それ以前には価格面の問題でBang & Olufsenの製品に手が出せなかったというユーザーにも嬉しい比較的リーズナブルな価格設定で、性別や年齢を問わず多くのユーザーに支持を得ています。 このように、カジュアルラインでありながらブランドとしての確かな価値を失うことなくさらに多くのユーザーへ向けた製品を生み出している「B&O PLAY」は、同ブランドにおいても非常に重要なプロダクトとなっています。

バング&オルフセン / Bang & Olufsenの技術

サウンドエンジニアが機種ごとに最適に調整した音響技術

Bang & Olufsenのサウンドは、機種ごとに同ブランドのサウンドエンジニアが最適な音響を研究し生み出しています。

例えば人気モデルの「Beoplay A9」では、単一のスピーカー音源から部屋全体に迫力のあるサウンドを響かせるために全7基のドライバーのサイズや配置が考え込まれています。特に背面に配置された2基のミッドレンジドライバーは壁を利用して部屋全体に広がる様に設計されており、技術の高さがうかがえます。

また、室内据え置きタイプの製品の多くで採用されている「ルームアダプテーション機能」は、部屋の広さや障害物の有無によって音響を自動で最適化する機能です。スピーカーの性能のみに傾倒するのではなく、それぞれのユーザーにも最適化していくという同ブランドの思想が多くのユーザーを引き付けることに繋がっています。

また、ヘッドホンやイヤホンにおけるアクティブ・ノイズキャンセリング性能はオーディオ業界においてもトップランナーといえる高度な消音を実現しています。

ノイズキャンセリングの性能に関しては、業界最高といわれる「SONY」の性能と比較される程の仕上がりになっています。

特徴的かつ人気のモデルにおいても、そのルックスを維持しつつ性能面の向上を常に続け、いつの時代にも最上級の音楽を届けてきた同ブランドは、今後の進化にも大いに期待させられます。

環境にも配慮した木材で美しいデザインを演出

デンマーク生まれの同ブランドは、北欧デザインの特徴ともいえる木質を強調した美しい見た目の仕上がりになっています。高品質で最先端の技術の中に木材の質感を上手く調和させることで、家具のようなインテリアとしてのデザインが生み出されているのです。

いわゆるスカンジナビアの伝統美と謳われるデザインには木材は欠かすことができません。

そのような中でBang & Olufsenの製品に用いられるウォルナット・メープル・オークといった木材は、持続可能な森林資源である「FSC認定」を受けた木材のみを使用し、地球環境に配慮をしています。

バング&オルフセン / Bang & Olufsenの歴史

ラジオメーカーから世界一のデザイン性を有するオーディオメーカーへ

1925年に創業の「Bang & Olufsen」は創業者である2人の名前からブランド名が付けられ、当時はラジオ工房として運営していました。

当時では画期的であった「家庭用電源を用いることが可能なラジオ」を開発し、一躍有名になりました。

大きな転機は1939年に発表した「Beolit」です。現在にも伝統的なデザインとして続く「Beolit」は、同ブランドの中で初めてデザイン性を強く押し出した製品でした。この製品以降、同ブランドは特徴ともいえる高いデザイン性を誇る製品を数多く輩出していきます。

そして2012年には、スマートフォンやタブレットとの親和性を強調して作られたカジュアルラインの「B&O PLAY」をスタートさせます。以後、Bluetooth接続やノイズキャンセリング機能、音楽ストリーミングサービスとの連携、音声アシスタントの採用など、時代のニーズに合わせた製品を次々に打ち出しています

そしてその中でも「高いデザイン性」という同ブランドの確固たる地位を崩さず、世界中の音楽ファンの期待に応えるプロダクトを打ち出し続けています。

バング&オルフセンの概要

本社:デンマーク
公式サイト:https://www.bang-olufsen.com/ja/jp
創業:1925年
創業者:ピーター・バング、スヴェン・オルフセン

バング&オルフセン / bang & olufsenの製品一覧

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。