バルミューダ フォン
高級感のある仕上がりで曲線美が見て取れるスマートフォン

バルミューダ フォンの特徴
バルミューダから2021年11月26日、バルミューダフォンが販売開始となりました。
バルミューダはキッチン家電や空調関係の製品が中心ですが、そんなバルミューダが開発し、製造する初のスマートフォンであるバルミューダフォンはさまざまなメディアで話題となりました。
価格は78,000円〜と競合他社から発売されているスマートフォンと比較すると少しだけ安価であることがわかります。
グッドポイント
  • 4,9インチのコンパクトサイズかつ軽量で丸みを帯びているため誰でも片手で操作が可能
  • バルミューダフォン専用アプリで他社のアプリにはない機能が使用可能
  • ワイヤレス充電やFeliCaに対応
  • 指紋認証センサーが搭載
  • IPX4の防水性能を採用
ウィークポイント
  • バッテリーの持ちが他社製品と比較すると悪く使用方法次第では1日持たない可能性がある
  • 広角レンズや手ブレ補正などカメラ性能が競合他社製品と比較するとやや劣る部分がある
  • ベゼルが太いのに対してディスプレイの右端にインカメラのパンチホールが空いている
  • フロントスピーカーが非搭載
公式サイト:
78,000円
サイトを見る
ビックカメラ:
78,000円
サイトを見る
バルミューダ フォンのスペック
ディスプレイ 4.9インチ
背面カメラ 標準4800万画素
前面カメラ 標準800万画素
ベンチマーク 約1600〜/マルチコア
バッテリー 約2500mAah
重量 138g
ストレージ 128GB(外部なし)
防水防塵 IP44
認証 指紋
通信 5G
性能評価 2
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします 8
※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。ベンチマークは、Geekbench Browserを参考とし、平均値数値を参考としています。

片手操作が可能でありながらも5Gに対応したバルミューダ初のスマートフォン

日本の東京都武蔵野市に本社を構える電機メーカー、バルミューダから2021年11月26日、バルミューダフォンが発売開始となりました。

競合他社から発売されているスマートフォンに対するアンチテーゼを掲げ、開発、製造されたバルミューダフォンは、競合他社のスマートフォンが最先端を目標としていることに対して、あえて時代を逆行するようなデザインを採用しています。

価格は78,000円〜と他社製品のスマートフォンと比較すると若干ではありますが安価となっており、手を出しやすい価格となっています。

4,9インチの画面サイズでコンパクトかつ軽量化し持ちやすい形を採用

バルミューダフォンは4,9インチの画面サイズを採用しています。スマートフォンとしては競合他社でAppleから同時期に発売開始となったiPhone13の1番小さいサイズであるiPhone13 miniでは画面サイズが5,4インチを採用されており、それをさらに下回っています

また、5G対応スマートフォンとしては発売当初は1番コンパクトサイズのスマートフォンであったようです。(2022年現在はiPhoneSE第3世代(4,7インチ)が世界最小)

しかし、4,9インチでコンパクトであると同時に他社のスマートフォンはベゼルレス化が進んでいるのに関わらず、バルミューダフォンは画面のベゼルが太いことが不満であるという声も見られます。

また、バルミューダフォンは、本体重量が軽いといわれています。スマートフォンとしてはiPhone13 miniでは141グラムであるのに対して、バルミューダフォンは138グラムと軽量で、5G対応のスマートフォンとしては世界で最も軽い機種であるのだとか。

さらに、バルミューダフォンはコンパクトサイズであり、誰でも持ちやすいよう形にこだわり、曲線のみで構成されています

最新機種のスマートフォンなど、2022年現在のスマートフォンのトレンドとしてはどちらかというと角張ったようなデザインが採用されています。しかし、バルミューダフォンは前述もしたように、競合他社から発売されているスマートフォンに対してアンチテーゼを掲げています。

そのため、角張ったようなデザインではなく、一昔前、iPhoneでいうところのiPhone3GやiPhone3GSのデザインを彷彿とさせるような曲線を描くような形を採用。この曲線的なデザインを採用することで自然に手に馴染み、手から滑り落ち、落下する危険性やどんな環境下においても落としにくく、老若男女誰が使用しても持ちにくいと感じさせない形になっています

専用アプリを搭載し独自アプリで競合他社にはない機能が使用可能

バルミューダフォンはAppleのApp StoreやGoogleのGoogle Playにはないバルミューダが独自に開発したバルミューダフォン専用のアプリを複数搭載しています。

バルミューダフォンは基本的にはAndoroid端末と同じくGoogle Playからアプリのダウンロードができますが、バルミューダフォン専用のアプリがあります。

バルミューダフォンでしか使うことができない独自のアプリについては以下のとおりです。

  • BALMUDA Home
  • BALMUDA Camera
  • BALMUDA Scheduler
  • BALMUDA Calculator
  • BALMUDA Time&Weather
  • BALMUDA Memo

中でもBALMUDA Schedulerではスマートフォンの縦長の画面を最大限に活かせるよう、日別の詳細スケジュールから2本の指でピンチイン・ピンチアウトすることで1日の詳細表示に変更することや週別、月別、年別などといったようにさまざまな表示に素早く切り替えることができます

さらに、複数のアカウントを追加できるため、家族間や恋人同士でスケジュールが共有できます

また、計算機アプリのBALMUDA Calculatorは通常の計算機アプリでは3桁ごとに区切るカンマ表示が一般的ですが、BALMUDA Calculatorではカンマ表示から億や万などといった漢字表示をさせることが可能です。

これだけではなく、計算した履歴を残しておくことや面積や長さ、湿度などの単位換算の計算ができます

さらに、為替換算にも対応しており、24種類の国外の通貨の為替をリアルタイムのレートで為替換算が可能であり、旅行先でのショッピングなどでレートを瞬時に確認できます

ワイヤレス充電やFeliCaなどの便利機能を搭載

バルミューダフォンはワイヤレス充電FeliCaなどといった便利機能を搭載しています。

まず、ワイヤレス充電ですが、バルミューダフォンではQi規格に対応しており、別途ワイヤレス充電器が必要となりますが、バルミューダフォンを充電器に置いておくだけで充電しておくことができます

また、FeliCaにも対応しており、駅の改札でスマートSuicaが使用ができ、定期券やICカードを出さずに改札を抜けられることやコンビニやスーパー、飲食店などのスマート決済に対応している店舗では財布を取り出すことなくバルミューダフォン1台で支払いを完了させることができます

バッテリー容量が2,500mAh、カメラ性能がやや劣る部分も

バルミューダフォンはバッテリー容量が2,500mAhであるとのこと。これは同価格帯の他社製品のスマートフォンと比較すると3分の1から半分程度劣る性能動画視聴するとフル充電から約6時間程度でバッテリーが切れるといわれており、使用方法によってはフル充電で外出してもバッテリーが1日持たない可能性があります

また、バルミューダフォンのカメラ

  • フォト
  • ムービー
  • 料理
  • 人物
  • 夜景

このようにさまざまなモードが搭載されています。

しかし、どのモードで撮影を行っても赤みが強く出てしまう他、2022年現在では修正されましたが、発売当初は料理モードで料理を撮影すると青みがかってしまい料理が全然美味しそうに見えないというレビューも見られました。

さらに、バルミューダフォンは他社製品のカメラでほぼ標準搭載である手ブレ補正や同価格帯では多くの機種で搭載されている広角、望遠などといった複数のレンズが搭載されておらず、単眼レンズのみの搭載であるため写真を多く撮影する方や画質にこだわる方にとっては不満に感じるかもしれません。

まとめ:バルミューダフォン

バルミューダフォンは4,9インチで138グラムといったコンパクトサイズでありながらも5Gやワイヤレス充電、FeliCaに対応しているなど高性能スマートフォンであることがわかりました。

また、バルミューダフォン独自のアプリが使用可能であるため、コンパクトサイズのスマートフォンを使用したい、バルミューダ独自のアプリを使用したいという方はバルミューダフォンの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

サイズ約69×約123×約13,7mm
重量約138g
担当者:藤井宏太
公式サイト:
78,000円
サイトを見る
ビックカメラ:
78,000円
サイトを見る
ユーザ評価
3件の平均
ユーザ採点
8
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

1件 1件

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。