Apple製品の特徴

ユーザーの感性を刺激するデザインで、圧倒的人気に

洗練されたシンプルなデザインと、感覚的に操作できるインターフェイスが特徴のApple製品。

その中でもキーボードと液晶画面の一体化を実現させた「マルチタッチ」を採用したiPhoneは、Appleの代表的な製品となりました。その他のMac やiPad といったハードウェア製品においても、画期的チップの搭載やディスプレイの美しさが高く評価されるようになります。さらにiTunesやiCloud、App Storeといった多くのソフトウェアサービスが開発・販売され、世界中で売り上げシェアを拡大。そのため2021年末時点での時価総額が約296兆円となり、世界1位を記録しました。

ソフトウェア・ハードウェアの両方がデザイン・設計されているApple製品には、手厚いサポートがあることも大きな魅力です。また環境問題を視野に入れ、アルミニウムが多く使われていることも特徴のひとつとされています。

このように斬新なアイディアと先進的技術から生み出されるApple製品は、年代問わず多くのファンを魅了しています。

Apple製品の優位性、個性

エンターテイメント性の高いブランド戦略が、人気獲得のカギに

新製品発売日になると、直営店や家電量販店に熱狂的なファンが長蛇の列をつくる――

Apple製品といえば、このような光景をイメージする人も多いでしょう。

Appleでは実際に新製品が発表されるまで一切、情報を明かさないため、それまでに様々な情報や噂が飛び交います。そしてユーザーの期待はますます高まり、「話題のものを手に入れたい」という気持ちがかき立てられていきます。このように話題性を高めるための演出を施すことも、ブランド戦略のひとつとしているのです。

ユーザーの満足感を追求したデザインが、ブランドイメージを確立

Appleの製品開発におけるコンセプトは「ユーザーが製品を使用する上で、どのような満足を得られるか」という考えに基づくということ。その観点から機能・市場シェアよりもデザインを優先し、さまざまなハードウェア・ソフトウエアの開発・販売をしてきました。

その中でもiPhoneは、Appleの優位性を確かなものにした製品といえるでしょう。

ユーザーインターフェイスとデザインの最適な融合を目指したiPhoneでは、ディスプレイ上を自然な指で操作する「マルチタッチ」が採用されました。その優れた操作性が定評となり、他社製品にまで広く普及していくようになります。

デザインにおいて「使いやすくシンプルであること」をテーマに掲げたApple。そのため製品には分厚い説明書は同梱されておらず、画面上で初期設定が完了できるようプロダクトされています。

また他社製品では見られない特徴には、デザインへのこだわりがパッケージにまで見られる点があります。Appleでは開封してから製品を取り出すまでに、ユーザーが喜びや驚きを味わえるよう、パッケージの厚み・重さなどにも緻密な設計を施しているのです。

このようにユーザーの心をとらえるデザインで注目を集めたApple製品は、唯一無二の存在感で人気を集めていくようになります。

Appleの技術

環境問題対策に注力&あらゆるシステムを独自で開発

エネルギーの生成から製造方法・仕様材料に至るまでを再生可能な電力で運営しているApple。製品にはアルミニウムを多用し、カーボンニュートラルへの取り組みを積極的に行うなど、環境問題対策にも注力しています。

またAppleはハードウェア&ソフトウェアのデザイン・設計からディスプレイ・シリコンの開発までを、独自で行っている企業でもあります。そのため製品に一体感のある美しさを感じられることが、他社にはない強みとなっているのです。その他にもユーザーが暮らしにおけるツールや音楽・映画などを存分に楽しめるよう、iTunesやiCloud・App Storeといった巨大プラットフォームを構築したことも大きな強みとなっています。

Mac製品に「Appleシリコン」初導入で、勢いがさらに加速

2020年6月には、Macが「Windows PC同様のIntel製CPU」から「自社設計のCPU」になることを発表。その5ヶ月後には「Appleシリコン」PC向けバージョンとなる、M1チップ搭載のMacBook Air・MacBook Pro 13インチ・Mac miniを発売しました。

M1チップではCPUやGPU(画像処理半導体)、I/O(インプット/アウトプット)チップなどを全て統合。さらに160億のトランジスタと高性能・高効率な8コアCPUが搭載されました。その結果、M1チップは同じ性能のWindows PCを上回るほどの処理速度と省電力化を実現させたのです。

Apple では2008年からARMベースのシステム・オン・チップ(SoC)である「Appleシリコン」の開発を始め、iPhone 4と初代iPadに、A4チップとして初導入しています。その後も改良を重ねながら、パフォーマンスを向上させてきました。

そして遂にMacにも同じ「Appleシリコン」が搭載。iPhoneやiPadとの連携が強化されることで、今後もシステム全体において、さらなる発展が期待できるでしょう。

Appleの歴史

コンピューターメーカーから世界的IT企業へ

1976年に設立したAppleは、パーソナルコンピュータApple Iの開発・販売を開始します。その翌年にはApple IIをはじめとしたコンピュータが話題となり、一気にシェアを拡大させました。

1984年以降も初代Macintoshを筆頭に、革新的な製品を次々と生み出していきました。しかし、その勢いも徐々に下火となり、やがて経営不振に陥ります。

転機が訪れたのは1997年のこと。一度辞任したスティーブ・ジョブズが復帰し、暫定CEOに就任します。スティーブ・ジョブズは「時代のパイオニアとして、固定概念を覆す」というスローガンのもと、「Think different」キャンペーンを展開。その翌年に発売された、斬新なデザインとスケルトンカラーが特徴のiMacが記録的な売り上げとなり、Appleは見事に復活を果たしたのです。

その後の2001年に発売されたiPodは、Appleブランドを象徴する製品に。今までの音楽産業に変革をもたらすほどの画期的なオーディオプレイヤーとして、一躍、注目を集めました。

2007年にはiPhoneを発売し、Appleはその人気を不動のものにします。その後も快進撃は続き、iMacやiPad、Apple Watchといった多くの画期的製品を世に送り出しました。

今ではAmazon、Facebook、Googleに並ぶテクノロジー企業として世界的に活躍し、売上を伸ばし続けています。

Appleの概要

本社:アメリカ、カリフォルニア
公式サイト:https://www.apple.com/jp/
創業:1976年
従業員数:15万4千人

Appleの製品一覧

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。