Apple iPhone SE 3
パワフルなA15チップ搭載&5G対応の高性能なiPhone廉価モデル

Apple iPhone SE 3の特徴
iPhone SE(第3世代)は57,800円(税込)~というお手頃価格でありながら、iPhone 13シリーズと同じA15チップを備えています。そのためコストパフォーマンスに優れていることが、このモデルの最大の特徴です。その他にも5G対応の高速通信になったり、バッテリー駆動時間が伸びたり、カメラ性能が上がったりするなど、あらゆる面において大きく進歩しています。
このようにiPhone SE(第3世代)は廉価版とは思えないほどの、ハイスペックな機能を備えた画期的なモデルです。
グッドポイント
  • 同時期発売のiPhoneの中でも、お手頃価格で購入できる
  • 高性能なA15チップ搭載により、パフォーマンスが向上
  • 5G対応になり、通信が高速化した
  • バッテリーの持ち時間がUPした
  • カメラ性能が上がった
ウィークポイント
  • 外観デザインは変化なし
  • 先代モデルより価格帯が上がった
  • 5G対応が不完全(5Gミリ波には非対応)
  • MagSafeでの充電不可&USB-Cコネクタへの移行なし
Apple公式:
57,800円(税込)~
サイトを見る
Apple iPhone SE 3のスペック
ディスプレイ 4.7インチ(Retina)
背面カメラ 広角/1200万画素
前面カメラ 標準700万画素
ベンチマーク 約4500〜/マルチコア
バッテリー 約2000mAah
重量 144g
ストレージ 64~256GB
防水防塵 IP67
認証 指紋
通信 5G
性能評価 2.6
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします

※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。ベンチマークは、Geekbench Browserを参考とし、平均値数値を参考としています。

5万円台から購入可能なコストパフォーマンスに優れたiPhone

パワフルな5G対応のA15チップを搭載ながらも、低価格で購入可能

2022年3月18日にアップルからiPhone SE(第3世代)が発売されました。

カラーはミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの3色ラインナップで、64GB・128GB・256GBのストレージサイズが用意されています価格については57,800(税込)円~となり、先代モデルiPhone SE(第2世代)より8,000~10,000円ほど値上がりしました。また4.7インチのRetina HDディスプレイを搭載し、指紋認証センサーがホームボタンに内蔵されています。デザインやサイズは先代モデルiPhone SE(第2世代)やiPhone8とほぼ同じですが、3色ともそれぞれ深みを増した色味になり、4gほど軽くなっているのが特徴です。

iPhone 13シリーズで搭載されているA15チップが同じく導入されたiPhone SE(第3世代)。

高性能な2コアと高効率な4コアで構成されたCPUは、iPhone8よりパフォーマンスを最大1.8倍高速化させました。また強化した16コアのNeural Engineは、カメラアプリでの「テキスト認識表示」やデバイス上の音声入力を可能にしました。その他にも優れたグラフィックのゲームや高負担なアプリケーションにおいて、今まで以上にスムーズな動きを実現しています

またバッテリー駆動時間は先代モデルiPhone SE(第2世代)より、ビデオ再生(ストリーミング)で最大2時間、オーディオ再生では最大10時間長くなりました

A15チップの通信規格は5Gに対応しており、モバイルデータでの高速なストリーミングやダウンロードが可能です。さらにスマートデータモードではLTEの自動的な切り替えにより、バッテリーを賢く節約しながら使うことができます。

しかし5G対応に関しては、Sub6には対応可能ですが、5Gミリ波には対応不可とされています。広域まで届く6GHz未満の周波数帯:Sub6に対し、5Gミリ波とは速度・同時接続において優れた性能を発揮する26GHz帯以上の周波数帯を指します。今後は5Gミリ波が使えるスポットの増加が予想されますので、長いスパンで使用したい場合には物足りなさを感じるかもしれません

カメラ性能ではDeep Fusion・フォトグラフスタイルなどの機能が追加

iPhone SE(第3世代)では、カメラ性能も大きく向上しています。A15チップに新採用されたスマートHDR 4が、被写体や背景の色、コントラスト、ノイズなどを自動的に調整。そのため今まで以上に実物に近づく美しい写真撮影ができるようになりました。新機能のDeep Fusionでは、高度な機械学習機能が、ピクセル単位で写真を処理するため、細かい部分の質感やノイズも調整できるようになっています

さらに背景や自然色、スキントーンなど、各部分に応じて調節できるフォトグラフスタイル機能が追加され、フィルタでの加工よりもクオリティの高い処理が可能になりました

またiPhone SE(第3世代)はQiワイヤレス充電に対応していますが、iPhone 13シリーズで採用されたMagSafe充電には対応しておりません

またコネクタはLightning(アップル独自の端子)で、USB-Cへの移行もされませんでした。iPad ProやiPad Airでは、すでに移行しているため、iPhone SE(第3世代)での変更を期待された方も多いかもしれません。

iPhone13 miniとの比較

iPhone SE(第3世代)の購入を検討される際に、同時期に発売されたiPhone13 miniとどちらにするか迷う方もいるでしょう。

この2つの違いには、まずディスプレイにあります。iPhone13 miniは5.4インチのSuper Retina XDRディスプレイを搭載しておりサイズ・性能ともにiPhone SE(第3世代)を上回っています。またiPhone13 miniでは顔認証を採用しており、ホームボタンのないオールディスプレイになっていることも特徴のひとつです。またバッテリー駆動時間もiPhone13 miniの方が長いため、高精度のアプリ・ゲームなどを長時間にわたって楽しみたい方にはiPhone13 miniをおすすめします。

一方のiPhone SE(第3世代)は一番安いものですと5万円台で購入でき、iPhone13 miniよりも2万円以上の開きがあります。ですから、なるべくコストを抑えながらウェブ閲覧からメール・チャット、カメラ撮影に至るまでを全般的に使いたい方にとっては、最適なモデルといえるでしょう。

まとめ:Apple iPhone SE

iPhone SE(第3世代)の注目ポイントは、iPhone 13シリーズと同じA15チップを搭載していながら、お手頃な価格で購入できることです。先代モデルiPhone SE(第2世代)よりパフォーマンスが向上しただけでなく、5G対応となったことも大きな魅力といえるでしょう。またカメラ性能も上がりより質の高い写真撮影・編集が可能になっています

iPhone13 miniと比べるとディスプレイ性能やサイズ、その他の機能に関しても若干劣ってしまいます。しかし5万円台から購入できるiPhone SE(第3世代)は、コストパフォーマンスの高さが何よりのメリットといえるでしょう。
「価格を抑えながら、あらゆる機能を全般的に使いたい」
「MacやiPadと連携しながらデータの保存用として活用したい」
という方は、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。

担当者:角川優
Apple公式:
57,800円(税込)~
サイトを見る
ユーザ評価
0件の平均
ユーザ採点
0
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

0件 0件

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。