Apple iPad Air(第5世代)
パワフルなM1チップを初搭載し、5G対応になった注目度大のiPad Air進化モデル

Apple iPad Air(第5世代)の特徴
iPad Air(第5世代)の必見ポイントは、省電力シリコンとして世界トップレベルの性能を発揮するM1チップが搭載されていること。高性能・高効率な8コアのCPUと改良されたGPU、次世代型Neural Engineが、パフォーマンスの高速化を実現しました。
またカメラ性能が向上し、センターフレーム機能が追加したこともこのモデルの特徴です。
iPad Air(第5世代)はウェブ閲覧・写真撮影・音楽鑑賞から4Kビデオ編集・拡張現実(AR)操作に至るまでの充実した機能を、存分に楽しめるモデルとなっています。
グッドポイント
  • Macと同じM1チップが搭載され、処理能力が大きく向上
  • 5G対応になり、高速通信が可能に
  • USB-Cポートの転送能力がUPした
  • カメラ性能が上がった
  • カラーバリエーションが豊富
ウィークポイント
  • 5G対応が不完全(5Gミリ波に非対応)
  • 先代モデルより価格帯が上がった
  • 外観デザインやディスプレイは変化なし
  • ストレージサイズの種類が少ない
Apple公式(Wi-Fiモデル):
74,800円(税込)~
サイトを見る
Apple公式(Wi-Fi + Cellularモデル):
92,800円(税込)~
サイトを見る
Apple iPad Air(第5世代)のスペック
ディスプレイ 10.9インチ(2360x1640)
ベンチマーク 約7000〜/マルチコア (Apple M1)
メモリ 8GB
重量 461g
バッテリー 10時間(Wi-Fi時)
背面カメラ 1200万画素
前面カメラ 1200万画素
ストレージ 64GB、255GB(外部拡張あり)
厚さ 6.1mm
タッチペン 別売り
認証 指紋
性能評価 3.7
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします 4
※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。ベンチマークは、Geekbench Browserを参考とし、平均値数値を参考としています。

革新的なM1チップ搭載により、性能が格段にアップした次世代型iPad Air

新色パープルが加わり、パワフルなM1チップが初搭載

2022年3月18日にアップルから発売されたiPad Air(第5世代)。

カラーはスペースグレイ、スターライト、ピンク、ブルーに新色パープルを加えた5色展開となり、64GBと256GBのストレージサイズが用意されました価格帯についてはWi-Fiモデル:74,800円(税込)~、Wi-Fi + Cellularモデル92,800円(税込)~ちとなっており、先代モデルiPad Air(第4世代)より12,000~16,000円ほど割高です

Apple Pencil(第2世代)とMagic Keyboard・Smart Keyboard Folioに対応可能な点は、先代モデルと変わっておりません。また指紋認証についても先代モデルを踏襲し、指紋認証センサーはトップボタンに内蔵されました。その他の外観デザインも大きな変化は見られませんでした

iPad Air(第5世代)の最も大きな特徴は、Macにも採用された画期的なM1チップが搭載されていることです。160億個のトランジスタを備えたM1チップは、省電力シリコンとして世界トップレベルの性能を発揮します。

高性能・高効率な8コアのCPUは、先代モデルiPad Air(第4世代)よりパフォーマンスを最大60%高速に。GPUも性能が強化され、グラフィックスパフォーマンスは最大2倍、高速化しています。さらに16コアの次世代型Neural Engineが搭載されたことで、先進的な機械学習(ML)機能を実現しました。そのため複数の4Kビデオストリーム編集や高精度のゲームプレイ、拡張現実(AR)を用いた操作など、今まで以上に充実した機能を使えるようになっています

バッテリー持ち時間については先代モデルから変わっておりません
しかし、
●Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生:最大10時間
●携帯電話データネットワークでのインターネット利用:最大9時間
とされており、M1チップ搭載のiPad pro12.9/11インチと同等の電力効率を実現しています

カメラシステムが大きく進化&ディスプレイ・スピーカー性能は先代モデルを踏襲

10.9インチ・オールスクリーンのLiquid Retinaディスプレイと横向き配置のスピーカーを搭載したiPad Air(第5世代)。先代モデルiPad Air(第4世代)と同様に、ハイクオリティの美しい映像・音楽を楽しむことができます

大きく進化したカメラシステムにもご注目ください。新搭載された1200万画素の超広角フロントカメラは、対象人物を常に画面の中央に映し出すセンターフレーム機能が追加しました。さらに人数や動きに合わせて方向を変えたり、ズームアウトしたりといった自動調整も可能に。そのためリモート学習やオンライン会議において、よりスムーズなビデオ通話が行えるようになりました

また背面の広角カメラも1200万画素になっており、高画質な写真・4K動画撮影だけでなく、書類のスキャンやAR体験などもできるのも魅力のひとつです。

5Gミリ波には非対応&ストレージサイズは2種類のみ

5G対応になったiPad Air(第5世代)は、ストリーミングやダウンロードでの高速通信が可能に。またUSB-Cポートは先代モデルiPad Air(第4世代)より最大2倍の速さとなる10Gbpsでデータ転送ができるようになりました

しかし通信規格に関しては、Sub6に対応可能ですが、5Gミリ波には対応していません。4Gの延長として使われるようになったSub6に対し、5Gミリ波とは5G本来の高速な通信ができる周波数帯のことを指します。今後は5Gミリ波が使えるスポットの増加が予想されています。そのため長期スパンで使用したい方にとって、5Gミリ波に非対応なのは少し残念な点といえるでしょう

またその他のマイナスポイントとして、ストレージ容量が64GB・256GBの2つのみで、種類が少ない点が挙げられます。しかしiPad Air(第5世代)は外付けSSDを併用して容量を拡張できるので、それほど大きなデメリットにはならないでしょう。

また日常的に動画編集したり、3Dグラフィックゲームを操作したりすることが多い方は、4種類のストレージが用意された、より高性能なiPad pro12.9/11インチを選択肢に入れるといいかもしれません。

逆にウェブ閲覧からアプリ操作・グラフィック描写までを全般的に行いながら、アップル製品の魅力を楽しみたいという方には最適なモデルといえるでしょう。

まとめ:Apple iPad Air(第5世代)

画期的なM1チップの搭載により、飛躍的に進化したiPad Air(第5世代)。高性能・高効率な8コアのCPUと強化されたGPUにより、大幅にパフォーマンスを向上させましたカメラ性能においてもフロントカメラが1200万画素になったり、センターフレーム機能が追加されたりと、さらなる進歩を遂げています

また5G対応になり、USB-Cポートが改良されたため、より高速な通信・データ転送ができるようになったこともiPad Air(第5世代)の大きな魅力です。

外観デザイン・ディスプレイ性能については先代モデルから大きな変化はありません

しかしバリエーション豊富なカラーや、直感的な操作性、クオリティの高い映像・サウンドなど、アップル製品ならではの魅力を存分に味わえるモデルとなっています。

担当者:角川優
Apple公式(Wi-Fiモデル):
74,800円(税込)~
サイトを見る
Apple公式(Wi-Fi + Cellularモデル):
92,800円(税込)~
サイトを見る
ユーザ評価
1件の平均
ユーザ採点
4
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

1件 0件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。