Apple HomePod mini
小型・軽量化、パワフルなS5チップ搭載、新機能インターコム追加など魅力満載のHomePod mini

グッドポイント
  • S5チップ新搭載&独自設計・開発により、優れた音域・音質を実現
  • 新機能インターコムで離れた家族と会話できる
  • デザインが変わり、小さく軽くなった
  • 初代HomePodよりリーズナブルになった
  • ペアリングや複数使用が可能
  • セットアップがしやすくiPhoneとの連携も◎
ウィークポイント
  • 空間認識機能がなくなり、サウンド迫力感↓
  • ケーブル接続なので、手軽に持ち運べない
  • Bluetoothスピーカーとしての認識はなし
  • iPhone以外のスマートフォンでセットアップ&使用ができない
特徴
外観デザインが一新し、より小さく軽くなったHomePod mini。
S5チップの新搭載&独自設計・開発により、小型ボディからは想像できない良質なサウンドを楽しめるスピーカーになっています。新たな機能インターコムでは、離れた部屋から家族とのやり取りが可能に。その他にもステレオペアにして臨場感あふれる音を響かせたり、アップル製デバイスと連携して電話応答・音楽の引き継ぎをしたりと、さまざまな使い方ができるのもHomePod miniの大きな特徴です。
公式サイト:
14,800円
サイトを見る
担当者評価
担当者
3.3
デザイン - 4
性能 - 3
価格感 - 3
話題性 - 3
ぜひアイテムへの評価をお願いします

多彩な機能&ハイクオリティなサウンドを実現した革新的なHomePod mini

本体の小型・軽量化と360度に広がる音響を実現

2020年11月16日にアップルから発売されたHomePod mini。

初代HomePodよりコンパクトサイズになり、約2.5kg→約345gと、かなり軽量になりました。デザインについても円筒形から球体のような形へと変化しています。税込で11,880円とリーズナブルな価格になったことも、HomePod miniの注目すべきポイントです。

カラーはホワイトとスペースグレイの2色で展開され、2021年11月2日にはオレンジ、イエロー、ブルーが追加されました。

上部の水平面にタッチスクリーンを搭載し、操作時には色とりどりに点灯。「+」「-」のアイコンタップで音量調整、中央部分タップで一時停止&再開ができるようになっています。早送り・早戻し操作は初代HomePodを継承し、ダブルタップで次の曲へ、トリプルタップでは前の曲へのスキップが可能です。

HomePod miniはS5チップを新搭載。音量に応じて最適な音質を調整するコンピュテーショナルオーディオが、繊細で豊かなサウンドを引き出します

独自に開発されたアコースティックウェーブガイドでは、スピーカー底部から360度、音域を広げることが可能に。それに加え、フルレンジドライバのオリジナル設計により、クリアで深みのある音響を実現しました。

このようにHomePod miniは大型スピーカーに匹敵する、音域の広い良質なサウンドを楽しむことができます。

また部屋の左右に1台ずつ置いてステレオペアにすればさらに臨場感あふれる音を響かせられるのも嬉しいポイントです。

アップル製デバイスとの連携&複数台の使用が可能

HomePod miniではiPhone、Macといったデバイスとの連携により、電話の応答や音楽の引き継ぎが可能です。またU1超広帯域チップの搭載により、アップル製デバイスの場所を探したいという時でも簡単に行うことができます。

また家の中にHomePod miniを複数置いて同期すれば各部屋で音楽やPodcastをストリーミングできるのも大きな魅力です。

新機能インターコムで家族とのつながりを、より強く

新たに備えたインターコム機能にもご注目を。

この機能では複数のHomePod mini を設置し、Siriでメッセージを送ると、iPhone、Apple Watchなどのデバイスがそれを受信。その声を離れた場所にいる家族に、すばやく届けられるしくみになっています。

アップル製デバイスを連携して外出先からメッセージの送受信もできるため、インターコムは家族間のやり取りをする上で大変便利な機能といえるでしょう。

一方でセキュリティー・プライバシーの面が心配だという方もいるかもしれません。

それについては、
●「Hey Siri」から始まる言葉のみを聞き取る
●SiriへのリクエストはApple IDには紐づけられない
●メモやメッセージはデバイス間で処理され、アップルに情報が届くことはない
など、ユーザーが安心して利用できるような設計がしっかりと施されています

さらにHomePod mini ではU1チップ搭載端末(iPhone 11以降の機種)の接近検知センサーを新たに搭載端末を近づけるとユーザーが好んで聞いている曲が再生されるようになったため、より一層ミュージックプレイを楽しめるようになっています。

セットアップのしやすさ&レスポンスの高さが強み

他社スマートスピーカーAmazon EchoやGoogle Nestシリーズとの比較では、HomePod miniのメリットとしてセットアップのしやすさが挙げられます。HomePod miniはiPhoneを近づけると、自動的にセットアップが始まるようになっています。

そのため事前に専用アプリを入れる必要がなく、スムーズに利用を開始できるのが大きな利点です。逆にiPhone以外の機種ではセットアップできないところが、マイナス点になるともいえるでしょう。

HomePod miniのメリット2つ目は、レスポンスに優れており、動作が非常に素早いことです。他社アプリでは本体で次の曲を入れても、なかなか反映しなくて時間がかかってしまう場合もしばし見られます。それに対しHomePod mini はiPhoneからの操作に対して素早く反応するので、そのようなストレスを抱かずに使えるのが特徴です。

空間認識機能がなく、ワイヤレス非対応

初代HomePodで備えていた空間認識機能がなくなったHomePod mini。空間認識機能とは部屋の形・音響度合いをセンサーで感知し、それぞれの場所に相応しい音響空間にする機能を指します。そのためHomePod miniでは、Apple TV 4Kとの連動によるホームシアター機能が使えなくなりました。ですから、より迫力のある音を楽しみたい方には、ステレオペアでの利用をおすすめします。

またHomePod miniはケーブルでの接続となっており、Bluetoothスピーカーとしては認識しないという点も注意すべきところです。他社ワイヤレススピーカーのようにイベントやアウトドアの際に使いたいという方もいると思いますが、HomePod miniはそのような使い方は不向きだといえるでしょう。

全文を見る

まとめ:Apple HomePod mini

デザインが大きく変わり、小型・軽量化を実現したHomePod mini。S5チップの搭載や独自に開発・設計されたシステムにより幅広い音域の高音質なサウンドを楽しめるスマートスピーカーになっています。

また新機能インターコムでは、アップル製デバイスを通して離れた場所にいる家族間のやり取りが可能になりました。

ワイヤレスのBluetoothスピーカーとは違い、野外での使用を考えている方には不向きかもしれません。しかしiPhoneミュージックを部屋中に響かせて楽しみたい方や、家族とのつながりを大切にしたい方には大変役立つアイテムになるでしょう。

公式サイト:
14,800円
サイトを見る
ユーザ評価
3件の平均
ユーザ採点
5
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

1件 0件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。