Apple AirPods Max
Apple初のアクティブ・ノイズキャンセリング搭載の高品質完全ワイヤレスヘッドホン

Apple AirPods Maxの特徴
2020年12月に発売された「AirPods Max」は、Apple社から初めて発表されたワイヤレスヘッドホンです。Appleデバイスとのスムーズなペアリングが可能で、高性能なアクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載しています。オーバーイヤー型の大型イヤーパッドで長時間の使用でもストレスを感じにくく、使用感も上質です。デザインもApple製品らしくシンプルでありながら高級感を漂わせる上品な仕上がりになっています。カラーは「シルバー」、「スペースグレイ」、「スカイブルー」、「ピンク」、「グリーン」の5色展開で、Apple公式サイトでの販売価格は67,980円(税込)となっています。
グッドポイント
  • アクティブ・ノイズキャンセリング搭載
  • 空間オーディオに対応
  • ノンストレスな大型オーバーイヤー型
  • 外音取り込みモード
  • 充実したヘッドホンのボタン操作
ウィークポイント
  • 販売価格は6万円を超える高額
  • 収納ケースは全体を収めることができない
  • 折り畳みできずコンパクトさに欠ける
  • 大きさをネガティブに感じる場合もある
公式サイト:
67,980円
サイトを見る
Apple AirPods Maxのスペック
音質 / 高音域 5.65 dB周波数特性誤差
音質 / 中音域 0.83 dB周波数特性誤差
音質 / 低音域 1.63 dB周波数特性誤差
ドライバーユニット 40mm
ノイズキャンセリング アクティブ
ハイレゾ なし
連続再生 20時間(約1.5時間充電)NCオン時、急速充電あり
重量 384.8g
防水 なし
性能評価 3.1
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします 9
※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。音質音域、周波数特性の誤差値は、Rtings.com等の数値を参考とし相対的評価を行っています。

Apple初の完全ワイヤレスヘッドホン

Apple「AirPods Max」は同ブランド初の完全ワイヤレスヘッドホンです。これまでApple社では「AirPods」、「AirPods Pro」のようなイヤフォン製品のみを取り扱っていましたが、AirPodsシリーズの最上位モデルとしてヘッドホンタイプが発売されました。

本製品は、これまでAirPods Proにのみ搭載されていたアクティブ・ノイズキャンセリング機能を搭載しており、様々な環境での快適な音楽鑑賞が可能にしています。また、外音の取り込みモードも搭載されています。周囲の状況確認を行いながら音楽を楽しむことも、騒音・雑音をシャットアウトして音楽に没頭することも可能です。

価格面が67,980円(税込)とSONYやBeatsのノイズキャンセリングヘッドホンと比較して高額な点が1つのネガティブポイントですが、性能面とデザイン性をトータルで考えた場合には唯一無二の製品に仕上がっていることは間違いありません。

H1チップを搭載しクオリティの高いサウンドを実現

音質に関しては、クセなくクリアで非常に良い音質を実現しています。Apple社がAirPods Maxのために独自開発した40mm口径のダイナミックドライバからは奥行きのある低音域、心地良いバランスのとれた中音域、クリアな高音域が発せられ、非常にまとまった仕上がりになっています。

ブランドページにも記載があるように、原音に忠実なサウンドを実現しているヘッドホンです。Apple H1チップによって、音源が最適な形で耳に届けられます。サウンドの透明感や解像度という点は、ワイヤレスヘッドホンの中では非常に高いクオリティを実現しています。SONY「WH-1000XM4」やBeats「Studio3 Wireless」などと比較してもハイクオリティな製品と言えるでしょう。

音質には好みがあるため、一概に優劣をつけるのが難しい部分ですが、「AirPods Max」はだれにでも聞きやすくクセの無いバランスのとれたサウンドと言えます。

高性能なノイズキャンセリング機能&外音取り込みモード

ノイズキャンセリング性能に関しては、数あるワイヤレスヘッドホンの中でも非常に優秀な製品となっています。AirPods Maxはオーバーイヤー型のイヤーカップを採用しているということもあり、ハード的な意味合いでも遮音性は優れています。それに加え、片耳に3個ずつの外音マイクを搭載しており、このマイクが検知した騒音・雑音に対する逆位相音で音の打ち消しを行うアクティブ・ノイズキャンセリング機能が非常に高性能です。ちなみにAirPods Proの外音マイクは1つとなっており、構造的にもノイズキャンセリング性能はAirPods Maxが圧倒的に高くなっています。

業界最高性能とも評されるSONY「WH-1000XM4」と比較しても引けを取らない性能と言えるほどのクオリティを有しています。

外音の取り込み機能に関しては、ワイヤレスヘッドホンの中で最高クラスの透明感を実現しています。ヘッドホンを装着しているにも関わらず、違和感なく周囲の音を拾うことができます。外出時の周囲の状況確認や、とっさの会話の際に非常に役立ってくれる機能です。

Appleらしいデザインと高い装着感

デザイン性に関しては、シンプルさの中に高級感と先進性を感じさせるApple社らしい仕上がりになっています。イヤーカップはアルミ製となっており、金属の質感は高級感を高め所有感を満たしてくれます。

カラーリングは、「シルバー」、「スペースグレイ」、「スカイブルー」、「ピンク」、「グリーン」の5色展開となっており、選択肢も多いのが特徴です。MacBookやiPadなどのデバイスの定番色が採用されているため、組み合わせで統一感を出していくのもスタイリッシュです。

装着感に関して、AirPods Maxは大型のオーバーイヤー型イヤーカップを採用しているということもあり、長時間の使用でも疲れを感じにくく、良い仕上がりです。かなり大きめのイヤーカップのため、耳とヘッドホンの衝突が少なくストレスが軽減されます。メッシュ素材で蒸れにくく、クッションも柔らかい仕上がりです。

重量が384グラムと少々重めなのですが、バランスのとれた重心設計と着け心地の良さで、重さはあまり気にならないのが素晴らしいです。

シンプルながら操作性は良好

操作性に関しては、Apple製品らしく非常にシンプルながら使いやすい機能を搭載しています。電源ボタンは付いておらず、右側のイヤーカップにDigital Crownとノイズコントロールボタンが搭載されているのみです。

物理ボタンの操作では以下が可能です。シンプルなボタン構成ながら非常に多機能を実現しています。

  • 音楽の再生/停止
  • ボリュームの調整
  • 早送り/巻き戻し
  • ノイズキャンセリングON/OFF
  • 外音取り込みモード
  • ペアリングモード
  • Siriの呼び出し
  • 通話の応答

バッテリーに関して最長20時間の音楽再生が可能となっており、イヤフォンタイプと比べると圧倒的な時間です。5分の充電で1.5時間の使用が可能な充電性能も有しています。充電方法に関してはLightningケーブルによる有線充電となっています。電源は付属のケースから取り出すことで自動的にONになり、デバイスとのペアリングが行われます。また、収納時に低電力モードに移行することで、無駄なバッテリーの消費も抑えます。

その他、ヘッドホンケースに関しては、全体を保護するタイプではなく、イヤーバッド部分のみを保護するようなタイプになっています。持ち運びにおけるコンパクトさはなく、大きさが強調されるのが難点です。

まとめ:AirPods Max

AirPods Maxは、音質と機能面で非常に高いクオリティを実現したアクティブ・ノイズキャンセリングヘッドホンです。H1チップを左右に搭載し、「原音に忠実なサウンド」を実現しています。これまでAirPodsシリーズを使用してきたというユーザーは間違いなくスムーズな移行が可能です。価格に関しては67,980円(税込)と高額な設定となっており、この点がネックとなりそうです。しかし、まさにApple社がヘッドホンに搭載できる最大限を実現した製品で、機能面も優秀で所有感も満たしてくれる一台であることは間違いありません

連続再生時間最長20時間
充電端子Lighitningケーブル
カラー展開「シルバー」、「スペースグレイ」、「スカイブルー」、「ピンク」、「グリーン」
価格67,980円
その他アクティブ・ノイズキャンセリング/空間オーディオ/外音取り込みモード
独自開発「40mm口径のダイナミックドライバ」

担当者:飯田海斗
公式サイト:
67,980円
サイトを見る
ユーザ評価
1件の平均
ユーザ採点
9
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

0件 1件

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。