Amazon / アマゾンの特徴

多角的な幅広いサービスとそれらに連携するデバイスで人気を獲得

インターネットショッピングや動画配信サービスからタブレットなどのデバイスまで幅広い事業を展開しているAmazon。

Amazonというとインターネットショッピングが第一に思い浮かぶ方も多いかと思います。何よりも顧客目線でユーザーが使いやすいように設計されたサイトやアプリケーションなどで人気となり、今や世界最大のショッピング媒体となっています。それ以外にも、顧客ニーズを考慮したクラウドサービスや動画配信サービスなどを展開し、IoT時代に欠かせない存在となっています。

そして、そのようなIoTサービスに対応したデバイスを自社から発売していることも大きな特徴です。自社で開発・発信する多くのサービスと連携可能な使いやすいデバイス設計で、タブレット「Amazon fire」やスマートスピーカー「Amazon echo」などを展開しています。

デバイスとサービスをつなげるという事業をソフト面とハード面の両方からアプローチしていける点は非常に大きな強みとなっており、Amazonの人気の理由を物語っています。

顧客ニーズを的確にとらえたサービスとそれらをより便利に利用するためのデバイス開発で、今後も革新的な事業を展開していくことでしょう。

Amazon / アマゾン製品の優位性、個性

サービスの提供を第一に考えた顧客目線の事業展開で多くのユーザーを獲得

Amazonでは「品揃え」、「価格の安さ」、そして「便利さ」という3つの顧客ニーズを大切にしています

もちろんこの思想はAmazonショッピングが世界最大の販売店へと成長した要因ですが、その他のサービスやデバイスの販売にも活かされています。

Amazonではネットワークを使って楽しみことができるコンテンツにも「品揃え」の考えを導入し、音楽・映像・書籍・料理・パントリー・クラウドサービスなど、多岐にわたるサービスを展開しています。

また、これらのサービスやデバイスは他のメディアやブランドが展開しているものよりも「安価」に設定されています。このことによって、世界的に非常に多くのシェア獲得を実現しているのです。

さらに、Amazon Echoやその他のデバイスや家具などを接続したスマートハウスの実現や、AWS(Amazon Web Service)によるクラウドサービスの利用など、「便利さ」へのアプローチは日々進化しています。

Amazonは世界最大のエンターテインメント提供企業として、3つの顧客ニーズを念頭においた戦略を貫き、多くのユーザーに価値を提供しています。

デバイスを売るのでなく、サービスを売るというスタイルでシェアを拡大

生活を豊かにする様々なサービスを展開しているAmazon。

Amazonによる世界最大のネットショッピングのみならず、動画配信サービス「Amazon Prime Video」音楽ストリーミングサービス「Amazon music」インターネッ文庫「Kindle Unlimited」など、非常に多くのコンテンツを提供しています。

これらのサービスを楽しむためにはインターネットと接続されたデバイスが必要となりますが、Amazonでは多くの顧客が手を出しやすいコストパフォーマンスの高いタブレットの「Amazon Fire HD」や読書用タブレットの「Kindle」を展開しています。

タブレット端末は現在多くのブランドから発売されていますが、Amazonでは顧客がサービスを楽しむためのツールという位置付けで開発を行っているため、非常に安価で購入することができます

「Fire HD 10」は1万円台で購入可能という、タブレット業界ではかなりのコストパフォーマンスを実現しているにも関わらず、フルHDの高画質が楽しめるほか、アプリケーションも快適に楽しむことができ、1年間の保証まで付いています。

「デバイスを販売する」という思想ではなく、あくまで「サービスを販売する」という思想と戦略によって、満足度の高いサービスを安価に提供しているのです。

Amazon / アマゾンの技術

音声AI技術の最高峰「Amazon Alexa」を活用しスマートハウスの構築も

Amazonは人工知能(AI)によって人間の音声を認識する技術(音声認識技術)の研究に開発投資を行っており、それこそが「Amazon Alexa」です。

近年、巨大IT企業の多くが取り組んでいる分野ですが、Amazonはそのマーケットを引っ張る存在です。

Amazon Alexaはサードパーティの企業もシステムを導入できるため、急速にシェアを拡大しています。

Amazon Alexaによる音声認識プラットフォームの使用によって、家庭内のデバイスや家具、家電などを接続し、手を使わずに話しかけることであらゆる操作を可能にする、いわゆる「スマートハウス」の実現が可能です。とくにAmazonでは「Amazonハウス」と呼ばれるような室内空間のコーディネートにも取り組んでおり、スマートシステムの分野で業界のトップを走っています。

Alexaの音声認識技術は、人間の声を認識したのちにはクラウド上サーバーに存在する本体システムを通して、はなし内容のフィードバックが行われます。Amazonの世界最大のクラウドシステムと連携することで、非常に正確な音声の認識とそれに対するデバイスや家電のアクションが可能になっています。

人間の発言や指示に従って正確に動作を行う。簡単に聞こえますが非常に難しい技術を高いレベルで実現しているのがAmazonなのです。

「Amazon Echoへ話しかけるだけ」、デバイスとサービスが高いレベルで連携

Amazon Echoに話しかけることでAlexaが反応し、様々なことが行えます。

Amazonが提供する「Prime music」をはじめとする様々な音楽ストリーミングサービスと連携し、声一つで音楽を再生すること。ニュースや天気などを返答してくれること。あらかじめ設定しておけば個人の趣味趣向に合わせた情報の取得も可能です。

Lineなどのメッセージ送信アプリケーションやメールなどでのやり取りも声を聞き取ることで送信の自動化をします。

Amazon Alexaとの連携でできることは、家の中だけにはとどまりません。例えば「キッチンペーパーを注文して」とAmazon Echoに話しかければ、それだけで注文が完了します。

このようにAmazon Echoとサービス、デバイスとの連携では、音声操作によって多くの状況に対応可能になるのです。

1つのデバイス機器の圧倒的な性能を追求するのではなく、サービスを中心にトータルで高い性能を発揮する技術とノウハウをAmazonは有しているのです。

Amazon / アマゾンの歴史

書籍のインターネット販売からスタートしネットワークサービス市場を開拓

1994年に創業者ジェフ・ベゾスはインターネットの急速な普及状況から、インターネットでの書籍販売を思いつき、前身となるカタブラ・ドットコムを開始しました。

翌年の1995年には、正式にAmazonとしてスタートします。

すぐにアメリカ全土とその他45ヵ国での販売スタートを実現し、1997年にはナスダックへ上場しました。日本でのサービスは2000年に開始されています。

ショッピング事業においては、2005年にサブスクリプションとして「Amazon Prime」を開始しました。配送料を無料にするという画期的な発想で市場を大きく拡大します。

2006年にはAWSのサービスを開始し、クラウドにも注力していきます。

2007年には「Amazon kindle」と「kindle store」をスタートし、電子書籍の分野を開拓します。

2011年に時価総額1000億ドルを突破しトップ企業に名を連ねます。

現在に至るまでに、スマートフォン「Fire Phone」、タブレット端末「Fire HD」、サービスでは音楽ストリーミングサービス「Prime music」や「Prime Video」など、Amazon Prime会員の普及を積極的に行う事業戦略で多くのユーザーに支持され、大きくシェアを拡大しています。

Apple、Facebook、GoogleとともにIT社会を引っ張る存在として、今後も新たな市場を開拓していくことでしょう。

Amazonの概要

本社:アメリカ ワシントン
公式サイト:https://www.amazon.co.jp/
創業:1994年
創業者:ジェフ・ベゾス

Amazon / アマゾンの製品一覧

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。