Amazon Fire HD 8 / Plus
忙しい毎日にぴったりの高性能タブレット

Amazon Fire HD 8 / Plusの特徴
「Fire HD 8/ Plus」はAmazonから販売されている、Amazonコンテンツの使用に特化したタブレット端末です。1万円台以下で購入でき、初心者にもオススメのタブレットになっています。しかし「fire OS」というandroidベースでAmazon独自にカスタマイズされた専用OSを搭載しているので、Appleの製品や他のandroid製品と同様に考えているとつまずきが起きる場合も。今回はそんな「Fire HD 8 / Plus」の優れている点、注意すべき点を全てご紹介していきます。
グッドポイント
  • Amazon周辺サービスの使用感が抜群に高い
  • 1万円以下で購入できるタブレット端末
  • ゲームモードが搭載され快適なゲームプレイを
  • 最大12時間使用可能のバッテリー
  • Fire HD 10より持ち運びしやすいサイズ感
ウィークポイント
  • アプリのラインナップが少ない
  • 動作のかくつきが多く、3Dゲームには向いていない
  • 全体的に暗いカメラ性能
  • ネット接続環境がWi-Fiのみ
公式サイト:
9,980円円
サイトを見る
公式サイト:
11,980円
サイトを見る
Amazon Fire HD 8 / Plusのスペック
ディスプレイ 8インチ(1280 x 800)
ベンチマーク 約2500〜/マルチコア(Mediatek)
メモリ 3GB
重量 355g  
バッテリー 12時間(Wi-Fi時)
背面カメラ 200万画素
前面カメラ 200万画素
ストレージ 32GB、64GB(外部拡張あり)
厚さ 9.7mm
タッチペン 別売り
認証 なし
性能評価 2.4
ユーザー評価 あなたの評価をおねがいします

※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。ベンチマークは、Geekbench Browserを参考とし、平均値数値を参考としています。

着々と進化しているFire タブレット端末

オーソドックスなデザイン性

Amazon Fire HD 8のカラーリングはブラック・ホワイト・ブルーの3種類。Amazon Fire HD 8 Plusはスレート(薄いグレーブラックのような色)の1色のみの展開です背面はプラスチック製ですが、質感はサラサラしていて触り心地が非常に良いです。傷が付きやすかったり安っぽく見える部分もありますが、気になる方はカバーやケースを付けて対応してください。

ボタン配置は、電源ボタン・音量ボリュームボタン・マイク・USB-Cポート・3.5mmステレオジャックが同側部に配置されています。今回から充電ポートがUSB-Cポートになっています。様々なデバイスと互換性を保つことができるので非常に便利同梱の5W充電アダプタでは約5時間の充電で最長12時間稼働を実現。バッテリー感も非常に使いやすいデザインになっています。

画面のサイズ感は、Amazon Fire HD 8 / Plus共に名前にもある通り8インチディスプレイ。画面の比率は16:9で、背面のAmazonのロゴマークの位置から推察するに、横持ちがデフォルトの端末のようです。質量は355g。202×137の大きさで、厚さは9.7mmあります。手で持てない大きさではありませんが、約1センチある分厚さに苦戦する方はいるかもしれません。SIMカードには非対応。基本的に屋内で使用される想定のタブレット端末なので、Wi-Fiを通さないとインターネット接続ができません。外で使用したい場合は、Wi-Fi環境ほ整備する必要があります。

コスパ破格のディスプレイ

大型8インチディスプレイの解像度は1280×800ピクセル。他ブランドの製と比較するとあまり高い数字とは言えませんが、アンダー1万円という価格帯を考えると申し分ない性能と言えます。カメラはフロントとリアの2つ搭載されていますが、どちらも200万画素と解像度は高くありません。画質もあまり良くないのでおまけレベルの性能と思っておいて法が良いでしょう。

機能比較Fire HD 8Fire HD 8 PlusFire HD 10Fire HD 10 Plus
価格¥9,980¥11,980¥15,980¥18,980
ディスプレイ8インチ HD8インチ HD10.1インチ 1080pフルHD10.1インチ 1080pフルHD
解像度1280 x 800 (189ppi)1280 x 800 (189ppi)1920 x 1200 (224ppi)1920 x 1200 (224ppi)
ワイヤレス充電対応××
カラーブラック、ブルー、ホワイトスレートブラック、デニム、オリーブスレート

サウンド感も広がりがあってgood

Amazon Fire HD 8 / Plusではステレオスピーカーが搭載されていますスマートフォンのスピーカーと比べても音質は非常に良く、タブレット端末では相当上位のランクです。Dolby Atmosにも対応しており、Amazon Musicが提供している「3Dサウンド」との相性もバッチリ。もちろん、音楽再生だけでなく動画視聴アプリなどでも音質の良さは効果を大いに発揮してくれます。まとまりがあって安心できるサウンド感です。

ゲームに没頭できる時間を

新たな機能として、Amazon Fire HD 8 / Plus共に「ゲームモード」が搭載されていますゲームモードをONにするとデバイスのメモリとパフォーマンスが自動最適化され、通知機能とAlexa機能が自動OFFになります。メモリとパフォーマンスが自動最適化されることでゲームの動作の処理能力を上げることができ、鮮明な画面でゲームに集中できる環境が作りあげられます。グラフィックの設定は最高で「HD」。フレームレートは最高「60fps」まで対応可能です。処理機能が多い3Dゲームなんかだと処理落ちしてしまう可能性があるので、少し設定を落としてゲームプレイすることをオススメします。

大画面で広範囲の充実体験を

Fire HD 8 / Plusは「Fire OS」というAmazon独自のOSを搭載しています。ベースはandroidですが、Google社が提供しているandroidとは別物と思っておいた方が良いです。Androidはアプリのダウンロードは「Google Play」で行うのが基本ですが、Fire HD 8 / Plusでは「Amazonアプリストア」でのアプリダウンロードになります。大きな違いは、「Amazonアプリストア」ではマイナーアプリがダウンロードできないところです。TwitterやInstagramなどのメジャーSNSアプリなどは問題なくダウンロードできます。「YouTube」はダウンロード不可能な点には要注意です。しかし、ショートカットとしてWEBバージョンのYouTubeのアプリアイコンが入っています。使用感はそこまで変わらないので気にすることはありません。

ここまで聞いていると、エンターテイメント性に欠けたタブレット端末に思われると思いますが、Amazon周辺サービスを使用できる状態だと充実感は大きく変わってきます。動画や映画視聴は「Amazon Prime Video」だけでなく、ディズニープラス、NetflixやDAZNなど動画配信サービスは幅広く網羅。音楽再生はAmazon Music Unlimitedの定額制音楽配信サービス。Kindle Unlimitedを使用すれば豊富な本、マンガ、雑誌が読み放題になります。「ZOOM」アプリも取得できるので、オンライン会議やオンライン学習にも使用可能です。「Amazonアプリストア」の影響で、アプリダウンロードの狭さを心配される方は多いですが、思っているほどの制限力はありません細かなアプリケーションは、メイン使用しているスマートフォンで対応して解決することが望ましいです。

まとめ:Amazon Fire HD 8 / Plus

Amazon Fire HD 8 / Plusはその1万円を切る圧倒的なコストパフォーマンスから、タブレット初心者でも手に取りやすい端末になっています。Amazonアプリ周辺をメインに扱うならば、特に大きな不満点は見つからない状況ZOOM使用なども問題なくできるので、日常的なタブレット使用兼オンライン会議専用端末としての使用となると、十分高性能なタブレット端末として運用可能です

担当者:斎藤 祐一
公式サイト:
9,980円円
サイトを見る
公式サイト:
11,980円
サイトを見る
ユーザ評価
0件の平均
ユーザ採点
0
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

0件 0件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。